現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > 「RB26DETT」エンジンと4WD機構を移植 GT-Rと化したトヨタ「86」魔改造マシンが凄すぎる

ここから本文です
モーターショー 2019.3.8

「RB26DETT」エンジンと4WD機構を移植 GT-Rと化したトヨタ「86」魔改造マシンが凄すぎる

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トヨタ自動車のスポーツカー「86」に、日産自動車の名車「スカイライン GT-R(R33)」のエンジンと4WD機構を移植したというモンスターマシンが注目を集めています。

 この化物86を作り上げたのは「Prime Motoring」という海外のチューニングショップ。86は北米仕様車(FR-S)がベースとなっており、1993年に日産自動車が発売したR33型のGT-Rに積まれていた2.6リッター直6エンジン「RB26DETT」と、四輪駆動システム「アテーサ ET-S」をまるっと移植しています。

    新型「GR スープラ」オフロード対応のSUV仕様……アリかも? って思わせる海外アーティストのコンセプトCGアートがすごい

 多少の拡張が必要だったものの、エンジンの移植は意外にも違和感なく行えたそうで、新造したエキゾーストマニホールドと大型ターボチャージャーを取り付けたRB26DETTがすっぽりと収まったエンジンルームの写真も公開されています。

 YouTubeには公式チャンネルや海外YouTuberたちによって、この86が実際に動いている様子を撮影したビデオも公開されています。ニッサン(RB26DETT)の音がする86(トヨタ)というのはなんとも言えないおもしろさがありますね。

 Prime Motoringは2016年頃からカスタムを続けており、エンジン本体のチューニングも施して「1000馬力を超えるGT-Rエンジン搭載86」に仕上げることを目標にしているそうです。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(ねとらぼ交通課 )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します