現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > レトロ&ワイルド、これカッコイイ ジープ・ラングラーをアメ車でおなじみ「Mopar」がカスタム

ここから本文です
モーターショー 2019.3.8

レトロ&ワイルド、これカッコイイ ジープ・ラングラーをアメ車でおなじみ「Mopar」がカスタム

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)のカスタムパーツ部門、Mopar(モパー)は、同系列のジープ・ラングラーをカスタムしたモデル「ラングラー ルビコン 1941」をジュネーブ国際モーターショー2019で披露しました。2019年夏頃に市販予定としています。

 軍用車をルーツに持つジープにとって、その最初のモデルが実戦投入された年として深い関わりを持つ“1941”という数字を冠した今回のカスタムモデル。2018年に発売された4代目「ラングラー」(JL型)がベースです。本格クロスカントリー車であるラングラーの中でも、特にオフロード志向の過激なグレード「ルビコン」をMopar製パーツでドレスアップしました。

    めちゃめちゃ、強そう……! ジープ、26年ぶりのピックアップトラック新型車「グラディエーター」投入

 リフトアップされた車高や、川もザブザブと渡れてしまうであろうシュノーケルが本格クロカンらしいワイルドさをかき立てます。統一感のあるブラックパーツでまとめられ、良い意味で変わらないジープらしさのあるラングラーのレトロな雰囲気を崩さず、よりマッチョな姿に仕上げました。日本市場では残念ながらルビコングレード自体の取り扱いがないのですが、Moparのこれらのパーツは他のグレードでも装着できるようです。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(ねとらぼ交通課 )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します