現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > 日産の次世代電動クロスオーバー『IMQ』、340馬力モーター搭載…ジュネーブモーターショー2019

ここから本文です
モーターショー 2019.3.6

日産の次世代電動クロスオーバー『IMQ』、340馬力モーター搭載…ジュネーブモーターショー2019

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日産自動車の欧州部門は3月5日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2019において、日産『IMQコンセプト』(Nissan IMQ Concept)を初公開した。

IMQコンセプトは、日産の次世代クロスオーバー車を示唆したコンセプトカーだ。車名の「IM」には、日産が掲げる「インテリジェント モビリティ」を具体化するもの、という意味を込める。

    「買っときゃよかった……」プレ値が付いちゃう前に手に入れておきたい5車種を勝手にピックアップ~日産編~

◆モーターは最大出力340hp、最大トルク71.4kgmとパワフル

IMQコンセプトは、先進の技術とデザインを採用した。パワートレインは「e-POWER」で、「マルチモーターAWD」を搭載する。欧州の小型クロスオーバー車の概念を超えたエクステリアや技術を追求。日産のクロスオーバーセグメントにおけるリーダーシップを反映しているという。

e-POWERシステムは、発電専用のガソリンエンジンに、発電機、インバーター、バッテリー、電動モーターを組み合わせる。ガソリンエンジンは発電にのみ使用され、常に最適な速度で作動する。これにより、従来の内燃エンジンと比べて、より優れた燃費と低排出ガス性能を可能にする。IMQコンセプトでは、モーターが最大出力340hp、最大トルク71.4kgmを引き出す。発電専用のエンジンは、1.5リットルのガソリンターボだ。

◆日産の新デザイン言語をフロントマスクなどに導入

IMQコンセプトのボディサイズは全長4558mm、全幅1560mm、全高1940mm。欧州のCセグメントクロスオーバー車に属する。日産はIMQコンセプトで、日産のデザイン言語の新しい方向性を示した。フロントには、新たな「Vモーショングリル」を採用。グリルはボンネットフードに対して垂直に、フロントバンパーと水平に融合して、力強い表情を作り出す。

リアのデザインには、日産の「ブーメラン」ランプクラスターの新しい方向性を表現する。ワンピース構造のテールゲートが、リアフェンダーの下に収まっているのが特徴だ。

足回りには、ブリヂストンの「コネクトタイヤ」と22インチアルミホイールが装着された。コネクトタイヤは、グラフィカルなユーザーインターフェースを通じて、ドライバーに情報を伝える。送信されるデータは、タイヤの荷重、空気圧、温度、グリップレベル、摩耗状態など。これにより、IMQコンセプトは、車載制御システムを自動的に調整できるという。

インテリアは、現代の技術と融合した日本のデザインを表現した。IMQコンセプトのドアは観音開きで、独立した4個のシートを備えた未来的で広々とした空間が広がる。インストルメントパネルは、「グライディングウィング」デザイン。センターコンソールが、前席から後席にかけて、車体中央を貫く設計とした。

フルデジタルコクピットは、インストルメントパネルに840mmの大型ディスプレイモニターをレイアウトする。センターコンソールには、小型のディスプレイを配置した。これは、IMQコンセプトの仮想パーソナルアシスタントとして機能。ドライバーからの要求に応じて、ナビゲーションなどの車両機能を制御する。

ステアリングホイールは、ドライバーをリラックスさせ、インストルメントパネルの視認性を最大限に確保するように、人間工学を導入して設計された。ソフトタッチのパドルシフトが組み込まれている。

IMQコンセプトには、先進運転支援システム(ADAS)の「プロパイロット」を搭載。市街地や高速道路において、ドライバーを支援する。車両には複数のセンサー、レーダー、カメラが装備されている。

◆ドライバーが見えないものを可視化する未来のコネクテッドカー技術、「I2V」を搭載

リアルとバーチャルの世界を融合し、ドライバーが見えないものを可視化する未来のコネクテッドカー技術、「I2V」(Invisible-to-Visible)を搭載する。I2Vは「SAM」(Seamless Autonomous Mobility)とプロパイロット、室内センサーがセンシングした情報を統合する日産独自の「オムニ・センシング」技術を活用。車両が走行している交通環境はSAM、車両の周囲はプロパイロット、車内環境については室内センサーがリアルタイムに把握し、I2Vに不可欠な全方位の情報収集を行う。

I2Vは車両の周囲360度にバーチャル(仮想)スペースをマッピングし、道路状況や交差点の見通し、道路標識や近くの歩行者などに関する情報を提供する。室内の乗員の状況もリアルタイムに把握し、何かを探す、目を覚ますためにコーヒーブレイクを取るなど、乗員に必要なサポートを予測して提供する。

また、I2Vは人々が自由に交流できる仮想世界のメタバースにもつながり、ドライバーや乗員を仮想世界で活動する人々とつなげることができる。そして、家族や友人などが3DのAR(拡張現実)アバターとして室内に現れ、ドライブに同乗したり運転をサポートしたりすることも可能にする。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • ysf*****|2019/03/06 11:38

    違反報告

    トヨタはプリウス暴走対策で、馬力ダウンするが(136PS→98PS、Fモーターの出力を82→72)日産は340馬力に性能アップして欧州向けに対応。
    1500ccのエンジンで340馬力はスゴイ。
    ガソリン給油だけで乗れるのは魅力です。
    日本でも高速道路最高時速120Km時代に入った、ますますこう言う車がほしくなった。
    可変速エンジンの搭載が楽しみ。
    技術陣の将来の夢が期待される。


  • n8m*****|2019/03/06 08:42

    違反報告

    なんか全体的にレクサスっぽい感じがするな
    カクカクしてるし、ヘッドライトも似てる
    私は好きなデザインだけど
  • nir*****|2019/03/06 10:56

    違反報告

    出もしないくせにスペックまでコンセプトとして設定して話題作ろうという魂胆がいや

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します