現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > ジャガー初のEV『I-PACE』、欧州カーオブザイヤー2019を受賞…アルピーヌ A110 との激戦を制す

ここから本文です
モーターショー 2019.3.5

ジャガー初のEV『I-PACE』、欧州カーオブザイヤー2019を受賞…アルピーヌ A110 との激戦を制す

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

欧州カーオブザイヤー主催団体は3月4日(日本時間3月5日)、スイスで開催したジュネーブモーターショー2019のプレビューイベントにおいて、「欧州カーオブザイヤー2019」をジャガー初の市販EV、『I-PACE』に授与すると発表した。

欧州カーオブザイヤーは、今年で32回を数える。欧州の20か国以上、約60名のジャーナリストが、2017年夏以降にデビューし、2018年内に欧州市場で発売された新型車の中から、ベストな1台を選出する。

    今年世界の自動車賞を獲りまくるジャガー Iペイスはどこが評価されているのか?

欧州カーオブザイヤー2019の結果は以下の通り。

1、ジャガーI-PACE(250点)

2、アルピーヌA110(250点)

3、キア・シード(247点)

4、フォード・フォーカス(235点)

5、シトロエンC5エアクロス(210点)

6、プジョー508(192点)

7、メルセデスベンツAクラス(116点)

ジャガー『I-PACE』とアルピーヌ『A110』が、250点で並ぶという激戦に。そのため、最高評価の満点をつけた審査員の人数(ジャガーI-PACEが18名、アルピーヌA110が16名)により、ジャガーI-PACEが欧州カーオブザイヤー2019に選出された。

なお日本車は、2年連続で1台も最終選考の7台に残らなかった。地元の欧州勢が大半を占め、シトロエン『C5エアクロス』、新型プジョー『508』、新型メルセデスベンツ『Aクラス』などが、最終選考に残っていた。

なお、欧州カーオブザイヤーは前回、ボルボ『XC40』が受賞している。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します