現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > フェラーリ、新型ミッドシップスポーツ「F8トリブート」を世界初披露

ここから本文です
モーターショー 2019.3.4

フェラーリ、新型ミッドシップスポーツ「F8トリブート」を世界初披露

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

伊フェラーリは2月28日、ジュネーブモーターショーで公開予定の新型ミッドシップスーパーカー「F8 Tributo(トリブート)」のオフィシャル画像を公開した。

従来の自然吸気からターボ化に踏み切った「488GTB」の後継モデルとして、限界域での操縦安定性と快適性を向上させたというF8トリブート。その心臓は、488GTBと同じくターボ過給を受ける3,902ccのV8。だが、出力は50馬力アップの720馬力まで高められ、トルクも10Nm上昇した770Nmとなる。もちろん、先代同様ターボユニットにもかかわらず、8,000rpmで最高出力を叩き出す高回転型ユニットとなっており、フェラーリによれば、ターボラグをまったく感じさせることなく、刺激的なエキゾーストサウンドを奏でるという。

    フェラーリ、4年を費やしたワンオフモデル「P80/C」を初披露。「ディーノ206S」などをインスパイア

ウェイトは乾燥重量で先代比40kg減の1,330kgを達成。その結果、0-100km加速は0.1秒短縮され、2.9秒となる。さらにエアロダイナミクス効率も10%向上し、最新バージョンのサイドスリップ・アングル・コントロール・システムを備えるほか、マネッティーノを「RACE」ポジションにセットすれば、軽くブレーキをかけることでコーナリング性能を高めるフェラーリ・ダイナミック・エンハンサーが作動する。

また、最近のフェラーリの定石どおり、先代の高性能バージョンから各種機能をブラッシュアップした上で受け継いでおり、「488ピスタ」で取り入れられた後傾マウントのフロントラジエーターや特徴的なフロントのS-ダクトが継承される。

エクステリアでは、ツインライトクラスターとボディカラーのテールパネルというクラッシックなテール構成が蘇ったことに注目したい。これは「308GTB」など初期の8気筒ベルリネッタのシンボルのひとつで、ファンにはたまらないディテールだろう。

跳ね馬のラインナップで中核を担う2シーターベルリネッタの新作は、アグレッシブなデザインと圧倒的パワーを持つフェラーリ史上最強のV8モデルとなる。3月5日に披露される実車の公開が楽しみだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • aft*****|2019/03/04 09:18

    違反報告

    これだけの車をサラっと発表されると、もったいぶったスープラのチラ見せキャンペーンが間抜けに見えてしまうよね。 別にアンチトヨタじゃないんだけど。
  • dar*****|2019/03/04 09:04

    違反報告

    20世紀少年にとってフェラーリはいつまでも憧れの存在。
    しかし700hp800hpといった最近のパワー競争には些か食傷気味。カーブが楽しい一般道は道幅の狭くキャッツアイが多かったりで、幅185㎝の911でも気を使うけど、幅200㎝近いフェラーリ様では尚更だろうなぁ…
    それでもやっぱりフェラーリは素敵だ。
  • mi7*****|2019/03/04 08:56

    違反報告

    フェラーリも昔はまだ乗っている人間に品があったが今は・・・

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します