現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > フォルクスワーゲンT-Rocの高性能モデル“R”がジュネーブショーで初披露

ここから本文です
モーターショー 2019.2.18

フォルクスワーゲンT-Rocの高性能モデル“R”がジュネーブショーで初披露

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォルクスワーゲンは14日、新型コンパクトクロスオーバー「T-Roc」に、高性能版の「T-Roc R」を設定すると明らかにした。

T-Rocは、ティグアンよりも全体的にコンパクトな全長4234mm×全幅1819mm×全高1573mmのボディを持つ5人乗りの5ドア車。エンジンは1.0TSIから2.0TSIおよび2.0TDIまで、ガソリンとディーゼルの計6種類を用意する。そのラインアップの豊富さからも、コンパクトモデルの次世代を担う重要なモデルであることがうかがえる。

    街乗り中心でSUVを選ぶなら総額150万円以下の【輸入コンパクトSUV】がオススメ

そしてそのラインアップをさらに拡充し、シリーズ最高峰に位置付けられるのが今回発表されるT-Roc Rだ。 “R”ならではの特徴としてフロントおよびリアに備わる専用デザインのエアロパーツや大径アルミホイールは、フォルクスワーゲンAGの子会社であるフォルクスワーゲンR社の手によるもの。

開発テストはドイツ・ニュルブルクリンクでも行われ、世界ラリー選手権(WRC)および世界ラリー選手権(WRX)のチャンピオン、ペター・ソルベルグと、フォルクスワーゲンのワークスドライバー、ベンジャミン・ルークターといったレーシングドライバーもテストに加わったとのことだ。

フォルクスワーゲン肝いりの新型クロスオーバーといえるT-Roc R。その詳細は、 3月5日開幕のジュネーブモーターショーで明らかになる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します