現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > 世界初!輝度の高いメタル塗料を販売開始 0.9リットル2万円から

ここから本文です
モーターショー 2019.2.14

世界初!輝度の高いメタル塗料を販売開始 0.9リットル2万円から

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

耐久性にも優れる主成分にアルミを採用

「ROHAN」の代表、カスタムペインター井澤氏が10年の歳月をかけて開発した、メタル塗料「IZ METAL(アイズメタル)」。これまで、日産GT-Rやトヨタ・ヴェルファイアに施工され大阪オートメッセで披露されるなど、すでにご存知の方も多いかもしれない。が、この塗料を使用し、1958年式のシボレー・インパラの全身に施工した。圧倒的な輝度を誇るこの塗料を従来品からさらにブラッシュアップし、このたび手の届く価格で販売することとなった。

    金ピカのGT-Rのボディは特殊メタル塗装と手彫りという職人技で作られる

 こういったメタル系塗料はこれまでもいくつか存在しているが、現在メタル系やメッキ調塗料には、大きく分けて2種類がある。銀を成分としたものと、IZ METALのようにアルミを主成分としたものとの2つだ。

 銀の特徴は、反射率は高いが酸化しやすく、耐久性が低いのがデメリットとなる。紫外線で変色したり、黒ずんだりしてしまうため、施工後にトラブルが多発しているのが現状だ。対してアルミの特徴は、反射率の面では銀には劣るが、施工後の変色が起こりにくいのが特徴となる。

 下の写真を見ていただきたい。左は銀系の塗料、右はIZ METALで塗装したもの。左は元々右のようにメタル系の色合いだったが、施工後しばらくして、変色して黄みがかってしまっている。IZ METALで施工した右は時間が経過しても紫外線にさらされてもまったく変色していない。

 このIZ METALは不可能とされていた、“圧倒的な輝度”“耐久性”“紫外線による劣化や変色のなさ”を完璧に実現しているのが特徴となる。実際に5年前に施工した車両も現在まで色味や変化がないそう。

 また、IZ METALにはハイグレードとスタンダードの2種類があり、黒っぽく重厚感があるのがハイグレード、白っぽく輝くのがスタンダードとなる。スタンダードは、0.9リットル2万円とリーズナブルで、手の届く価格としているのがポイントだ。

この塗料を使えば、確実に個性的な一台を作り上げられること間違いなしだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Messe Web 『WAGONIST編集部』)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します