現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > カナダ ProLite からけん引免許不要な『Eco』が日本上陸…ジャパンキャンピングカーショー2019

ここから本文です
モーターショー 2019.2.5

カナダ ProLite からけん引免許不要な『Eco』が日本上陸…ジャパンキャンピングカーショー2019

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年のカートラジャパンで日本初お披露目となった、カナダ製トレーラーProLite(プロライト)。ジャパンキャンピングカーショー2019では、けん引免許不要なモデルを会場に展示した。

北米のキャンピングカーと言えば、私たち日本人は長く大きなモデルをイメージして、小型モデルはウケないと思いがちだが、実態は逆なのだそうだ。トレーラーが特別という認識ではないため、気軽に小型車で引けるトレーラーは、数として相当あり、1人か2人での旅行などで利用する人はかなり多いそうだ。プロライトもそんなコンパクトモデルを得意とする、カナダ最大手のキャンピングトレーラーメーカーだ。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

昨年のカートラジャパンでコンパクトながら、スライドアウトするモデルを日本に紹介して、大きな反響を集めていたプロライトだが、今回はさらに小型の、けん引免許不要なモデル「Eco」が、販売代理店の上嶋自動車ブースに展示された。

乾燥重量450kg、キャンピングカーに必要な様々な装備を設置しても650kg程度に収まる。オールFRPの軽量ボディと流線形のフォルムで、もう少し大型であるかのような印象を受ける。室内に入ると、その印象はさらに強まり、広々としたダイニングテーブルとその脇にはベッドにもなるベンチが広がる。FRPキャビンはカナダ基準での雪・寒さ対策の基準もクリアし、流線形は空力的なメリットも大きい。

乗ってみると、けん引免許を要するトレーラーと不要なものとで違いがあるわけではないのだが、普通免許があればすぐにトレーラーライフを始められるのがこのクラスだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 中込健太郎)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します