現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > もうひとつのトレンドはペット同伴、ハイエース 愛犬仕様…ジャパンキャンピングカーショー2019

ここから本文です
モーターショー 2019.2.3

もうひとつのトレンドはペット同伴、ハイエース 愛犬仕様…ジャパンキャンピングカーショー2019

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ『ハイエース』に強い三重のカスタマイズビルダー「ダイレクトカーズ」は、さまざまなタイプのハイエースキャンピングカーをジャパンキャンピングカーショー2019に展示していたが、注目したいのはペット同伴のドライブやキャンプに特化した『DOG ACE』だ。

DOG ACEは、モデリスタのコンプリートカーをベースにキャンプ用の架装を施したもの。ベース車両はトヨタ「ハイエース・スーパーGL」の「リラクベース」というカスタムカー。ツートンカラーボディがアンティークなバンを演出するモデルだが、これに収納家具、分割アレンジが可能なベッドマット、そしてペットといっしょの遠出やキャンプに必要な装備が追加される。

    新天皇即位パレード採用記念 センチュリーはプライベート使用も意外といけそう

分割ベッドマットは、フルフラット、カウチベッドに組み替えたり、テーブルとして利用したりできる。

ペット向けの装備には、電動ポンプつき水タンクにシャワーヘッド。リード用のフック。後部にスライドするアウトドアテーブル。壁面にはフックの取り付けが自由なパネルが用意されている。シャワーはホースで外に伸ばすことができる。アウトドアで泥だらけになった足を洗うのにちょうどよい。ホースはかなり伸びるので人間が使ってももちろんかまわない。

アウトドアテーブルや壁パネルの使い方は自由。食器やハーネス、ケア用品、フード類、おもちゃなど好きなペットグッズを収納できる。

もともと広いハイエースがベースなので、ペット用とはいえ、収納などは汎用、多目的なものが使える。よほどの大型でなければゲージも好きなところに置けそうだ。内装はベッドキットと収納家具のみのシンプルな車内だが、その分アレンジの幅が広い。家で使っているペット用のベッドやクッションを持ち込んでもよさそうだ。

ペットといっしょのドライブやキャンプで気になるのはエアコンだ。キャビンの広いハイエースなので、車内がすぐに高温になることはないが、車載エアコンでは限界がある。その場合は、サブバッテリーとインバーターで家庭用の小型エアコンやアウトドア用の冷房を利用することになる。その場合でも、ハイエースの広さに助けられそうだ。

価格は350万円から400万円(装備による)とのことだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 中尾真二)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します