現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > 最強のキャンプ用電源? パナソニック家庭用蓄電システム…ジャパンキャンピングカーショー2019

ここから本文です
モーターショー 2019.2.3

最強のキャンプ用電源? パナソニック家庭用蓄電システム…ジャパンキャンピングカーショー2019

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年のキャンピングカーは、AC100Vのアウトレットはほぼ必須となっている。効率の良い家電機器が増え、キャンピングカーの装備としてさまざまな機器が使える。パナソニックは、屋外や車内で便利な家電製品に加え、家庭用蓄電システムを展示していた。

パナソニックオートモーティブのブースでは、電装品関連で定番となる、車載バッテリーやカーナビの展示をメインにしながら、オーブントースターや「ナノイー」など車内やキャンプで便利な家電製品も展示。キャンピングカーの内装や備品としての提案だ。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

アイドリングストップ車にも対応する強化バッテリー「caos(カオス)」シリーズは、電装品が増設され充放電が繰り返されるキャンピングカーにも最適なバッテリーといえる。アイドリングストップ機能がついていない車両にも搭載したい。純正カーナビが大画面化する中、パナソニックのストラーダFシリーズの最新モデルは9V型ながら、DINスロットがあればたいていの車両に装着可能という。対応車種はおよそ350あるというので、国産車ベースのキャンピングカーなら大型化できる。車中泊では、テレビや映画などをみんなで見ることがあるかもしれない。大画面はそんなときにもうれしい。

必要なら、家庭用テレビをモニター代わりに積んでもよい。新型ストラーダ(CN-F1XVD)にはHDMI端子も備わっている。電源はインバーター付きのサブバッテリーで賄えばよいが、パナソニックは、家庭用の蓄電システムを提案していた。

リチウムイオンバッテリー蓄電システムは、5kWhの蓄電容量を持ち、出力は1500W。充電にはAC100Vが必要だが、冷蔵庫、液晶テレビなど250Wくらいの電力消費なら15時間前後の連続運転が可能だという。重量は67kg。本来車載用製品ではないが、大型キャンパーなら設置・配線は不可能ではない。

本来は家庭用の非常電源の製品なので、タイマー充電機能や停電時の自動切換機能などが装備されている。そのため、値段も120万円以上と高額だ。価格が折り合う用途なら、キャンピングカーの非常電源として使えるかもしれない。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 中尾真二)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します