現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > トウバー装着のサイクルキャリアやダンパーを展示した阿部商会ブース…東京オートサロン2019

ここから本文です
モーターショー 2019.1.13

トウバー装着のサイクルキャリアやダンパーを展示した阿部商会ブース…東京オートサロン2019

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

THULE(スーリー)ブランドの取り扱いでお馴染みの阿部商会で見かけたスグレモノは、トウバーに装着するサイクルキャリア。

マツダ『CX-8』が純正用品として用意したこともあり、日本での認知度が一気にアップしたのがクルマの後部に取り付けるトウバー。このRVが普及しているアメリカやヨーロッパでは、トウバーにキャンピングトレーラーやボートトレーラー、バイクトレーラーなどを装着してロングバケーションを楽しむ人が多く存在する。阿部商会のブースで見かけたのはそんなトウバーに取り付けることができるサイクルキャリアだ。欧州規格の50mmボール(7ピンもしくは13ピン)のトウバーに取り付けるタイプで、写真のタイプは自転車2台が搭載可能。3台搭載モデルも用意されている。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

THULE関係ではお馴染みのルーフボックスをはじめとしてルーフキャリアなども展示。高い品質を確認することが可能で、ショップとは異なるさまざまな情報も手に入れることができる。

また、阿部商会といえば有名な取り扱いアイテムがビルシュタインのダンパー。ビルシュタインのダンパーはスーリーとは異なる専門のブースが用意された。ビルシュタインのダンパーシリーズに新たに加わったのが、スズキ『ジムニー』用。今回のオートサロンではジムニー関連のパーツやデモカーが多く展示されたが、ビルシュタインのダンパーシリーズにもラインアップされたことは見逃せない出来事だ。

阿部商会ではホイールも各種モデルが扱われていた。今回はスーリーブースとビルシュタインベース、そしてレムスブースにも阿部商会扱いのホイールを展示。スーリーブースに展示されたラグナフォージットは、フォージットの名が示すとおり、鍛造のホイール。細身のスポークがスポーティな印象でプレミアムモデルとのマッチングがかなりようさそうだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 諸星陽一)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • pas*****|2019/01/13 19:10

    違反報告

    このサイクルキャリアはナンバーが隠れるからアウト。
    かといってナンバーを手書きしてキャリアに付けるとそれはそれで法律的にアウト。
    まあ、取り締まられる事は無いと思うが売るからにはハッキリ購入者に伝えないとダメだよね。

    あと、欧州仕様のヒッチメンバーは垂直荷重は大したこと無いから、これもちゃんと伝えないとダメですね。最悪シャシーの取り付け部が歪みます。
  • far*****|2019/01/13 18:39

    違反報告

    自転車を2台、3台積むと、全長の1/10に収まらないんじゃないの。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します