現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > aprレーシングの体勢発表も行われたレイズブース…東京オートサロン2019

ここから本文です
モーターショー 2019.1.13

aprレーシングの体勢発表も行われたレイズブース…東京オートサロン2019

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本のレーシングホイールをけん引してきたレイズでは、新作ホイールの展示とともにaprレーシングの体勢発表も行われた(11日、東京オートサロン2019)。

ブリーフィングスケジュールの開始時間にレイズブースに出向くと、すでに人垣ができていた。ブースの中央にはかなり幅広のそして車高が低いクルマにベールがかけられていた。そこに登場したのはaprレーシング代表の金曽裕人監督。そう、レイズブースを使って、aprレーシングの2019年SUPER GT参戦体勢が発表されたのだった。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

aprは長きにわたってトヨタ『プリウス』でSUPER GTに参戦してきたが、今年のベースモデルは『プリウスPHV』に変更。従来モデルに比べてかなりスッキリとスタイリッシュなスタイリングのモデルとなった。駆動方式はFRに変更、エンジンはトヨタV8を使ったハイブリッドになるという。

今年も2台体勢で参戦するaprはドライバーの変更の変更があった。aprは横浜ゴムのタイヤを履くマシンとブリヂストンタイヤを履くマシンの2台で参戦しているが、2019年は、ブリヂストンタイヤを履く31号車には嵯峨宏紀と中山友貴がドライブ、ヨコハマタイヤの30号車は織戸学と永井宏明がドライブする。

タイヤは異なるブランドだがもちろんホイールはレイズ製。今年のapr用のレーシングホイールはスポークとリムの結合部分が肉抜きされたもので、非常に印象深いデザインが施されている。

レイズは毎回数多くのホイールを展示することで知られている。そしてそのホイールなかには、これまたビックリするほどの新製品がラインアップ入りしているのだ。今回のショーでも数多くの新作ホイールを見つけることができた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 諸星陽一)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します