現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > 【東京オートサロン2019】世のひとり親方が軽トラのビジュアルにこだわる理由とは?

ここから本文です
モーターショー 2019.1.11
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「趣味的な車」と「働く車」との境界線はときに曖昧である。

もちろん「趣味的な車」といってもシャコタン系のクーペなどは、とてもじゃないが現場系の仕事には使えない。だが例えば「趣味としてのカスタム系釣り車」などはパッと見、趣味のための車なのか、それとも現場仕事で使うための車なのかは判別しづらい

今回の東京オートサロン2019でもそのような軽トラがあった。兵庫県の「HARD CARGO JAPAN」という会社が手がけたダイハツ ハイゼットトラックジャンボである。(carview!)

TOKYO AUTOSALON 2019

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン