現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > 【東京オートサロン2019】ダイハツがデトマソ風はじめミラ トコットのカスタマイズ3形態を出展

ここから本文です
モーターショー 2019.1.11
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイハツは、幕張メッセ(千葉・幕張)で1月13日まで開催中の東京オートサロン2019において、3パターンのミラ トコットのカスタムモデルのコンセプトカーを出展しました。

まず最初に紹介したいのが、もはや伝統芸能とも言える、デトマソ風カスタマイズの「ミラ トコット スポルザ Ver.」。赤いボディカラーに、サイドの足元をビシッと締める黒帯に、デトマソ、いえ、「DAIHATSU SPORZA」の文字が(ある特定の年代には)たまりません。なにげにWORKのゴールドホイールを履いているのもツボではあります。(carview!)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • sma*****|2019/01/12 06:47

    違反報告

    デトマソがたまらない?「特定の年代は」って勝手に普遍化するなよ。魅力が無いから今も中古が安い訳でしょ。
    大阪発動機の「言ったもん勝ち」はそろそろ飽きてきたから926Rもう一回作るくらいしてほしい。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン