現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > 【東京オートサロン2019】マツダ3の実車で確認。コンセプトの迫力は再現されたのか?

ここから本文です
モーターショー 2019.1.11

【東京オートサロン2019】マツダ3の実車で確認。コンセプトの迫力は再現されたのか?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年もやってきました東京オートサロン2019(1月11日(金)~13日(日))。マツダや日産ブースのある西ホールで最も気になるのは、日本初お披露目となる次期アクセラこと「マツダ3」ではないでしょうか。

2017年の東京MSで注目された「魁(カイ)コンセプト」の、特にハッチバックのワイドでグラマラスなボリューム感は実現されたのか?

    マツダ CX-5のディーゼルを買い替え目線で200km試乗。性能と価格の好バランスに売れているワケを実感

まずは幅、特にサイドから見たときの塊感の強いCピラー周りや、ボディを厚く&サイドガラスを薄くしてスポーティな印象を強めたフォルムには、スタディモデルのエッセンスが上手く残された印象。低くボリューム感のあるハッチバックは街で見ても迫力がありそうで、何が何でもリアのスタンスをワイドに見せるぞというデザイナー陣の執念を感じました(勝手に)。一方、セダンはすっきりして見えます。

インテリアのデザインや質感も、最近のマツダ車らしく上質な印象。大型のダイヤルが3つ並んだメーターパネルや、センターコンソールに配置された大型のコマンドダイヤルなどもプレミアム感がありそうです。

乗り込み体験も可ということで、一刻も早く実車を見たい人は、この土日に東京ASでチェックです。メーカー純正ドレスアップ仕様となる「マツダ3 カスタムスタイル」も展示されているので、そちらも注目ですね。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します