現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > スバル×STI、フォレスター/インプレッサのコンセプトモデル展示へ…東京オートサロン2019

ここから本文です
モーターショー 2018.12.25

スバル×STI、フォレスター/インプレッサのコンセプトモデル展示へ…東京オートサロン2019

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SUBARU(スバル)とスバルテクニカインターナショナル(STI)は、2019年1月11日から13日までの3日間、幕張メッセで開催される「東京オートサロン2019」に共同出展。『フォレスター』や『インプレッサ』のコンセプトモデルを展示する。

フォレスター(STIコンセプトモデル)は、「アドバンス」をベースに、e-BOXERの先進的な走りにSTIが磨きをかけたモデル。外装には専用色「ファイターグレー」を採用しアルミホイールを19インチ化。さらにブレンボ製フロントモノブロック対向6ポットキャリパーを装着することで、運動性能の高さを予感させる仕様としている。インプレッサ(STIコンセプトモデル)は、「2.0i-S EyeSight」をベースに、専用の内外装パーツを装着。内装は、質感の高いボルドー内装を採用した。

    新型フォレスターの2.5Lはターボの代替にはならなそうだが食わず嫌いはもったいない

さらに走りの愉しさや走行安定性を追求したSTIのパフォーマンスパーツを装着した「レヴォーグ」や「WRX STI」を展示する。レヴォーグは走行性能を高めるフレキシブルタワーバーやフレキシブルドロースティフナー、空力性能の向上を図るエアロパーツ等を装着、ドライバーの意のままに操れるハンドリングと走行安定性を高める、STIならではの高性能パーツを提案する。WRX STIは「タイプS」をベースに、ゴールド塗装のBBS製19インチアルミホイールやレカロシート等、専用装備を採用することで、歴代のラリー参戦車を想起させる仕様としている。

そのほか、2018年にクラス優勝を果たしたニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦車「WRX STI NBR CHALLENGE 2018」や、SUPER GT参戦車「SUBARU BRZ GT300 2018」の展示を行う。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • jta*****|2019/01/07 20:31

    違反報告

    フォレスター(STIコンセプトモデル)は、「アドバンス」をベースに、e-BOXERの先進的な走りにSTIが磨きをかけたモデル。外装には専用色「ファイターグレー」を採用しアルミホイールを19インチ化。さらにブレンボ製フロントモノブロック対向6ポットキャリパーを装着することで、運動性能の高さを予感させる仕様としている。

    フォレスターのe-BOXER 程度の馬力で
    モノブロックブレーキは明らかにオーバースペック。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します