現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > ダンロップは先進技術を、ファルケンはアバンギャルドを訴求へ…東京オートサロン2019

ここから本文です
モーターショー 2018.12.25

ダンロップは先進技術を、ファルケンはアバンギャルドを訴求へ…東京オートサロン2019

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住友ゴムは、2019年1月11日から13日までの3日間、幕張メッセで開催される「東京オートサロン2019」に、DUNLOP(ダンロップ)およびFALKEN(ファルケン)ブースを出展する。

ダンロップブースでは「Spirit of Evolution」をコンセプトに、過去から未来に続くダンロップの先進技術を訴求する。自動運転やカーシェアなどのモビリティ社会の変革に応じたDUNLOPタイヤの技術開発コンセプト「SMART TYRE CONCEPT」を紹介するラボを設立。映像や光、音楽を駆使することで最新の技術開発コンセプトを体感できる内容となっている。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

ブースではモータースポーツ用および乗用車用タイヤラインアップに加え、ダンロップタイヤを装着したベントレー『3リットル』と『ミュルザンヌスピード』を展示。さらにステージイベントでは、SUPER GT500に参戦する「NAKAJIMA RACING」の中嶋悟監督の他、全日本ラリーやFIA-F4ドライバーによるトークショーを実施する。

ファルケンブースでは「Avant-garde2.0」をコンセプトに、Avant-gardeな活動を続けるファルケンブランドを昨年に引き続き訴求する。LEDバーをあらゆる角度に配置し躍動感のある展示を行うことで、「ON THE PULSE」をブランドコンセプトとするファルケンのブランドイメージを表現。また、モータースポーツへの参戦や、エアレースや欧州サッカーリーグ、アスリートへの協賛活動についても映像で紹介する。

さらに、最新タイヤラインアップに加え、フラッグシップタイヤ「AZENIS FK510」をはじめとするファルケンタイヤ装着車両3台(アウディ R8、トヨタ ヴェルファイア、フォード F150ラプター)をブランドカラーにカラーリングして展示。高性能でサイズ展開の豊富なファルケンブランドを訴求する。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します