現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > ダイハツ、1960年代のレーシングカー「P-5」を展示予定…東京オートサロン2019

ここから本文です
モーターショー 2018.12.20

ダイハツ、1960年代のレーシングカー「P-5」を展示予定…東京オートサロン2019

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイハツは、2019年1月11日から13日までの3日間、幕張メッセで開催される「東京オートサロン2019」に、軽自動車・小型乗用車の個性あふれるコンセプトカー9台に加え、市販予定車『コペンクーペ』や1960年代のレーシングカー「P-5」を出展する。

ダイハツブースは、「遊びゴコロをみんなのものに。」をテーマに、軽オープンスポーツカー「コペン」や、2018年に発売した軽乗用車『ミラトコット』、小型乗用車『トール』『ブーン』、軽商用車『ハイゼットトラック』などを、それぞれの持つ世界観を生かしながら、多方面にカスタマイズしたオリジナルバージョンを出展する。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

中でも注目は200台限定の市販予定車として出展するコペン クーペ。CFRP製のハードルーフを装着した本格クーペスタイルで、オートサロン初日の1月11日から専用ウェブサイトで商談希望者の募集を開始する。また「コペン セロ スポーツプレミアム Ver.」は、メッシュ状のオリジナルフロントグリルやメッキ加飾を施し、新たな世界観を提案する。

P-5は、1968年の第3回日本グランプリレースに出場し、GP1クラスで優勝したレーシングカー。今年ダイハツ従業員の有志がレストアし、走行可能となった。レストア作業は、ベテランから若手までが一体となって実施。ダイハツならではの小さいクルマづくりへのチャレンジングスピリットと技術を継承することを目的に行われた。

そのほか、「ミラトコット・スポルザ Ver.」「ミラトコット・アクティブ Ver.」「ミラトコット・エレガント Ver.」、「トールカスタム・プレミアム Ver.」、「ムーブキャンバス初音ミクリミテッドパッケージ・ビーチクルージング Ver.」、「ハイゼットトラック・ジャンボカリフォルニア工務店 Ver.」「ハイゼットトラック・マルシェ Ver.」、「ブーンスタイル・エレガント Ver.」といったカスタムカーを展示する。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します