現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > 来年は36回目のパリ・ダカ挑戦。菅原義正氏をとらえて離さないトラックの魅力とは?【クルマ塾】

ここから本文です
モーターショー 2018.12.7
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん、こんにちは。ご紹介いただいた菅原義正です。今日はよろしくお願いいたします。

私はパリ・ダカール・ラリーを始めて30数年が経つのですが、まず、パリ・ダカールがどんなものかご存知ない人も多いので、ちょっと昔に戻ってパリ・ダカールってどんなものかご説明させてください。

1979年なのでいまからほぼ40年前ですが、フランスの首都パリからセネガルの首都ダカールまで、自動車やバイクで走ろうという競技を、ティエリー・サビーネという人が考えました。(clicccar)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く