現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > ボルボの「車両のないブース展示」をエヌビディアがVR技術で支援…ロサンゼルスモーターショー2018

ここから本文です
モーターショー 2018.12.5

ボルボの「車両のないブース展示」をエヌビディアがVR技術で支援…ロサンゼルスモーターショー2018

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エヌビディア(NVIDIA)は、ロサンゼルスモーターショー2018におけるボルボカーズの「車両のないブース展示」を、エヌビディアのVR(バーチャルリアリティ)技術で支援した、と発表した。

ボルボカーズはロサンゼルスモーターショー2018のプレスデー初日に、メーカーとしてモーターショー史上初めて、ブースに1台の車両も展示しなかった。その代わりに、ボルボカーズのビジョンを示し、自動車の新しい可能性を提案している。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

具体的には、イン・カー・デリバリー、カー・シェアリング、コンセプトカーの『360c』で示した自動運転のビジョン、サブスクリプションサービスの「Care by Volvo」など、さまざまなコネクティビティサービスに関するインタラクティブな展示を行った。

エヌビディアは、ロサンゼルスモーターショー2018におけるボルボカーズの車両のないブース展示を、エヌビディアのVR技術で支援した。完全自動運転が現実になった時、ドライバーレスの自動車が、オフィス、リビング、ホテルなどに変わる可能性を、VR技術を使って提示している。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します