現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > ジープのトラック、グラディエーターで笑顔になれる理由…ロサンゼルスモーターショー2018

ここから本文です
モーターショー 2018.12.1

ジープのトラック、グラディエーターで笑顔になれる理由…ロサンゼルスモーターショー2018

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロサンゼルスモーターショーを訪れたメディア関係者の間でも大きな話題となったクルマは、ジープのブースに展示されたトラックだった。その名は『グラディエーター』。このモーターショーで世界初公開された、ジープの新作だ。

「グラディエーター」という名前にピンと来る人は多くないだろうが、実はかつても存在していた車名。1963年から1987年にかけてジープで生産されていたピックアップトラックである。ただし、現代によみがえったグラディエーターはまったくの別のコンセプトだ。そして、ジープファンを喜ばせることは間違いない。なんと、『ラングラー』のトラックバージョンなのだから。

    ジープの新型ピックアップ「グラディエーター」が堂々デビュー

ラングラーの4ドアロングボディである「アンリミテッド」をベースとし、なんと車体後部に荷台を装着。ラングラーが約1.5mの荷台長を持つピックアップトラックに突然変異したのだ。最近販売されていた日本車でいえば、トヨタ『ランドクルーザー70』をピックアップにしたような存在といえる。ピックアップ化するにあたって、ホイールベースをラングラーアンリミテッド比で約48cm延長。全長も約64cm伸びて5539mmとかなり大柄になっている。

そんなグラディエーターも見て感じたのは、みんなを笑顔にしてくれるクルマだということだ。その理由はキャラクターが単純明快かつ、明確に楽しさを感じさせるから。「ジープ・ラングラー」というアメリカを象徴する個性と、アメリカの定番である「ピックアップトラック」との組み合わせが、とにかくわかりやすいアメリカンを作り上げているのだ。

もうひとつは、ラングラーの個性がしっかりと受け継がれていること。強靭な車体や本格悪路走行のための4WDシステムはもちろん、リヤウインドウまで開放できるルーフ、外せるドア、そして前に倒せるフロントウインドウもラングラーから継承。とにかく期待を裏切らないのである。

そんなグラディエーターを見ていると、洗練されたデザインや最新メカニズムの搭載だけが注目モデルになる理由とはならないことを、あらためて教えられた気がする。発想と企画力の勝利といえるだろう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 工藤貴宏)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します