現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > VWの次世代EV『I.D.』にレースサポート車、完全自動運転も可能…ロサンゼルスモーターショー2018

ここから本文です
モーターショー 2018.11.29

VWの次世代EV『I.D.』にレースサポート車、完全自動運転も可能…ロサンゼルスモーターショー2018

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォルクスワーゲンは11月28日、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー2018において、コンセプトカーの『I.D. BUZZカーゴ・サポートビークル』(Volkswagen I.D.BUZZ Cargo support vehicle)を初公開した。

『I.D.』は、フォルクスワーゲンの次世代EVシリーズの総称だ。フォルクスワーゲンは2020年、最初のI.D.ファミリーとして、『ゴルフ』セグメントに属するコンパクトな4ドアEVの『I.D.』を発売する。これに続いて、SUVセグメントには『I.D. CROZZ』、MPVセグメントには『I.D. BUZZ』を順次、市場に投入することが決まっている。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

MPVのI.D. BUZZの商用バージョンが『I.D. BUZZカーゴ』で、そのレーシングサポート車を提案したのが、I.D. BUZZカーゴ・サポートビークルとなる。車台には、フォルクスワーゲンの新開発電動車向けモジュラープラットフォーム「MEB」を採用した。ボディサイズは、全長5048mm、全幅1976mm、全高1963mm、ホイールベース3300mmとなる。

EVパワートレインは、モーターが最大出力201hpを発生し、最高速160km/h(リミッター作動)の性能を発揮する。バッテリーはリチウムイオンで、蓄電容量は48kWhとなり、大容量の111kWh仕様の搭載も可能だ。1回の充電での111kWh仕様の航続は、新燃費基準のWLTPモードでおよそ550kmの性能を備える。

I.D. BUZZカーゴ・サポートビークルは、出力150kWの急速チャージャーが利用でき、バッテリーの80%の容量なら、30分で充電が完了する。「IDパイロット」モードを備えており、完全自動運転を可能にした。デジタルカーゴシステム、工具に電力を供給する230Vソケット、航続を最大15km延長できるソーラールーフ、スマートフォンによるデジタルキーなどが装備されている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します