現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > ルノー、自動運転車の車内エンタメをARで体験…パリモーターショー2018

ここから本文です
モーターショー 2018.10.20

ルノー、自動運転車の車内エンタメをARで体験…パリモーターショー2018

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ルノーグループ(Renault Group)は、パリモーターショー2018において、未来のモビリティとマルチメディアのコンテンツを、拡張現実(AR)によって体験できる「AEX」を発表した。

AEXとは、Augmented Editorial Experienceの略。AEXは自動運転時代を想定して、フランスの大手メディア、チャレンジ社と共同開発された。チャレンジ社は、フランスで複数の雑誌を発行しているメディアグループ。ルノーグループは、同社に40%を出資している。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

AEXの狙いは、将来の自動運転コネクテッドカーの車内で配信する新たなコンテンツを体験すること。フランスをはじめ欧州では、自動車通勤のドライバーが車内で過ごす時間は、毎日およそ2時間に達する。完全自動運転車が実用化されれば、ドライバーは運転操作から解放され、この2時間を自由に過ごすことができるようになる。

自動運転車の車内でAEXは、さまざまなコンテンツに音声コマンドでアクセスすることを可能にする。パリモーターショー2018のルノーブースには、大型のカプセルを設置。来場者はカプセルに入り、AEXの世界を体験した。カプセルでは、通勤、旅行、ビジネスミーティング、帰宅の4つのシーンをAEXで再現。来場者は未来の自動運転車の車内エンターテインメントの姿を体験している。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します