現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > ターボ発電ハイブリッド搭載で571馬力、インフィニティ ブラックS…パリモーターショー2018

ここから本文です
モーターショー 2018.10.19

ターボ発電ハイブリッド搭載で571馬力、インフィニティ ブラックS…パリモーターショー2018

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆加速時に熱エネルギーから発電

日産の海外向け高級車ブランド、インフィニティは、パリモーターショー2018で、『プロジェクト・ブラックSプロトタイプ』(Infiniti Project Black S Prototype)を初公開。同車の技術を、F1マシンにインスパイアされた市販車の開発に応用すると発表した。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

パリモーターショー2018でワールドプレミアされたプロジェクト ブラックSプロトタイプは、2017年春に発表された『プロジェクト ブラックS』の進化版。新型インフィニティ『Q60』(日本名:日産『スカイライン クーペ』後継車)をベースにした高性能なコンセプトカーだ。

パリで発表したプロトタイプは、車体の軽量化や空力性能を高めたボディのほか、車両のブレーキ作動時の運動エネルギーと、と加速時のエンジンの熱エネルギーの両方から発電する、2種類の環境発電システムを世界で初めて導入し、高性能モデルを提案。新たな可能性を広げたこのプロジェクトの成果は、インフィニティによる電動パワートレイン技術開発へのコミットメントを具現化したコンセプトカーになるという。

インフィニティは2021年以降、全ラインナップに電動パワートレイン車を設定する計画を掲げており、プロジェクト ブラックSプロトタイプは、インフィニティの今後のビジョンを明確に示す1台になる。

プロジェクト・ブラックSプロトタイプのパワートレインは、引き続きハイブリッド。インフィニティとルノースポールF1チームが共同開発。F1マシンのデュアルハイブリッド電動パワートレイン技術を、どのように市販車に導入できるかを研究開発してきた。

◆ターボチャージャーに発電機を装備

直噴3.0リットルV型6気筒ガソリンツインターボエンジンには、独自のエネルギー回収システム「ERS」を採用。3つのモーター発電機ユニット(MGU)を搭載しており、ひとつのMGUは、ブレーキ時の運動エネルギーを回収。2個のターボチャージャーには、それぞれMGUが装備されており、排ガスから熱エネルギーを回収する。これにより、パワートレインはブレーキと加速の両方の場面において、電気を生成。電気エネルギーは、車体後部の蓄電容量4.4kWhリチウムイオンバッテリーに蓄電される。

プロジェクト・ブラックSプロトタイプは、このデュアルハイブリッド電動パワートレイン技術によって、最大出力571psを獲得。ベースエンジンの405psを4割上回るパワーを発生する。バッテリーに蓄えられたエネルギーは、最大120kWの追加電力をドライブトレインに直接供給することが可能。これにより、0~100km/h加速4秒以下のパフォーマンスを実現した。

◆ルノースポールF1チームのエアロダイナミクス技術

プロジェクト・ブラックSプロトタイプには、ルノースポールF1チームの持つエアロダイナミクス技術を導入。カーボンファイバー製のリアウィングは、ルノースポールF1マシンのモンツァウィングと同様の空力特性を備えており、サーキットなどでダウンフォースを生み出す設計。デジタルモデリング技術によって、ウィングの形状を細かくシミュレーション。これにより、直進時の安定性とコーナリング時の高いトラクション性能を追求した。ブレーキも強化されており、フロントは380mm、リアは360mmのカーボンセラミックを採用する。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します