現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > ベトナム初の自動車メーカー「ビンファースト」がフランス・パリサロンでデビュー!

ここから本文です
モーターショー 2018.10.12

ベトナム初の自動車メーカー「ビンファースト」がフランス・パリサロンでデビュー!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今後は電気自動車なども手がけグローバルに展開予定

 パリサロン2018にブースを出展したビンファースト(VINFAST)という自動車メーカーをご存じだろうか? ベトナムの大手企業ビングループが新たに設立したメーカーで、ベトナム初の自動車メーカーとして注目を集めている。ちなみにブランド名のビンファーストは、「ベトナムで初めての」の意味だ。

    インドネシアで感動! 日本よりも愛される日本の旧車たち

 初めて国際モーターショーへ出展し、プレスブリーフィングにはサッカーのスター選手であるデビッド・ベッカム氏が駆けつけ、華々しく行った。

 今回お披露目されたのはLUX A2.0という車名のセダンとSUVモデル。初期デザインはイタリアのジウジアーロが担当し、ピニンファリーナとビンファーストで発展させた。エンジニアリングはヨーロッパの先進技術が取り入れられているという。企画やベースデザインなどはベトナム主導で行っており、自国の自社ラインで生産するようだ。

 セダンのボディサイズは全長4973mm×全幅1900mm×全高1464mm、ホイールベースは2968mm。SUVは全長4940mm×全幅1960mm×全高1773mm、ホイールベースは2933mmとなっている。シャーシのベースはBMW製との話もある。セダンはFR、SUVはFRと4WDの2タイプを設定した。

 エンジンはどちらも2L直4ターボエンジンで、セダンは176馬力/300N・mと231馬力/350N・mの2タイプが設定され、SUVは231馬力仕様のみだ。トランスミッションはZF製の8速トルコンATを組み合わせる。

 この2モデルが2019年9月から販売開始され、ベトナム国内だけでなく世界展開も予定しているという。その後はほかのモデルを、さらには電気自動車や電動バスも手がけるとしている。今後の展開に注目だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP CARトップ編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • m55*****|2018/10/12 17:24

    違反報告

    ヘッドライトの光源不足(漢字違うかも)が少なすぎて日本では車検通らないかも。
  • rak*****|2018/10/12 21:52

    違反報告

    【「FAST」をカタカナ表記した場合、通常「ファスト」だけど、「ファースト」でいいの?】

    実は今回のパロサロンのニュースを見た時、すでに報道済みの各社は、この会社のことを、皆『VINFAST』とアルファベット表記のままだったんですよ。
    おそらく正確には何て読むかわからないので、うまいこと避けたんでしょう。

    なので、『VINFAST』ってどう読むのか、ちょっと疑問だったのです。

    で、自分で調べたら、『VIN』は『ビングループ』から来ているのは分かったのですが、果たして今後「ビン」で行くのか、それとも現代風に『ヴィン』とするのか・・・・・

    その動きに注目していたところ、いきなりの『ファースト』ですからね、「そっちか~い」ってコケました!

    >>「ベトナムで初めての」の意味だ。

    確かに「VINFIRST」ならそうですが、「VINFAST」だと意味違いませんか?

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します