現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > ホンダ NSX 2019年型、ハンドリング性能を強化…パリモーターショー2018

ここから本文です
モーターショー 2018.10.3

ホンダ NSX 2019年型、ハンドリング性能を強化…パリモーターショー2018

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆3年半で初の本格改良

ホンダの欧州部門、ホンダモーターヨーロッパは10月2日、フランスで開幕したパリモーターショー2018において、ホンダ『NSX』(Honda NSX)の2019年モデルを初公開した。現行NSXは2015年1月、デトロイトモーターショー2015でワールドプレミア。デビューからおよそ3年半が経過し、初の本格改良が施された。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

NSXの2019年モデルでは、フロントグリルガーニッシュを、従来のシルバーからボディ同色に変更。フロントグリルサラウンド、フロントエアインテークメッシュ、リアバンパーアウトレットメッシュには、ハイグロス加工が施された。このハイグロス加工は、オプションのカーボンファイバーリアスポイラーとフロントリップスポイラー、サイドシルガーニッシュ、ディフューザーで構成されるカーボンファイバーエクステリアパッケージにも適用される。

インテリアは、従来オプションの4ウェイパワースポーツシートを標準装備。ブラックのメリノレザーとアルカンターラ仕上げの軽量スポーツシートも選択できる。オプションで、インディゴブルーのセミアニリンレザー+アルカンターラも用意。セミアニリンのフルレザーパワースポーツシートでは、エボニーとレッドを設定する。

◆新ボディカラーとしてサーマルオレンジパール

NSXの2019年モデルには、新ボディカラーとして、サーマルオレンジパールを設定。サーマルオレンジパールのボディカラーでは、オプションのカーボンセラミックブレーキにオレンジ色のブレーキキャリパーが装着可能。また全車が、赤いブレーキキャリパーを選択できるようにしている。

◆毎日の運転からサーキットまで、あらゆる状況でパフォーマンス向上

2019年モデルのNSXでは、シャシーのコンポーネント、タイヤ、ソフトウェアのチューニングを変更。ドライバーの狙いにさらに忠実に反応し、毎日の運転からサーキットまで、あらゆる状況でパフォーマンスを引き上げた。

限界時には、バランスやコントロール性が向上。微妙なアクセル操作により、より正確にアンダーステアやオーバステアを調整することができるという。この変更により、鈴鹿サーキットでのテストでは、ラップタイムが約2秒短縮したという。

シャシーの強化では、前後のスタビライザーバー(前側26%、後側19%の剛性アップ)と、トーリンクブッシュの剛性を21%、リアハブの剛性を6%向上。スポーツハイブリッド「SH-AWD」パワーユニット、アクティブ磁性体ダンパー、電動パワーステアリング、VSA(ビークル・スタビリティ・アシスト)のソフトウェアも改良を受けた。ダンパーは最も柔らかい設定でも、快適な乗り心地やレスポンスを実現。高速道路やサーキットでの性能も引き上げている。

また、3.5リットルV型6気筒ガソリンツインターボエンジンには、インジェクタのアップグレードやターボチャージャーの改良も施す。2019年モデルには、新開発のガソリンパティキュレートフィルターを装着。欧州の排出ガス基準の「Euro 6d-TEMP」への適合が確認された、としている。

2019年モデルのNSXには、NSX専用に新開発されたコンチネンタル「スポーツコンタクト6」タイヤを装着。トレッドパターン、構造、ゴムコンパウンドを見直した。ドライとウェットの両方の路面において、ブレーキング、コーナリング、加速時のダイナミックな応答とフィードバックを向上。毎日の通勤からサーキットまで、あらゆる状況でハンドリング性能を引き上げている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します