現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > メルセデスベンツ Bクラス 新型、7年ぶりにモデルチェンジ…パリモーターショー2018

ここから本文です
モーターショー 2018.10.3

メルセデスベンツ Bクラス 新型、7年ぶりにモデルチェンジ…パリモーターショー2018

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆スポーツツアラーの性格を強調

メルセデスベンツは10月2日、フランスで開幕したパリモーターショー2018において、小型MPV『Bクラス』(Mercedes-Benz B-Class)の新型をワールドプレミアした。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

従来型Bクラスは2世代目モデル、フランクフルトモーターショー2011で発表された。新型は3世代目で、およそ7年ぶりのモデルチェンジとなる。

新型Bクラスは、スポーツツアラーとしてのスポーツ性に重点を置いて開発。エクステリアは、現行モデルよりもダイナミックなデザインを追求。2729mmのロングホイールベースに短いオーバーハング、わずかに下がったルーフライン、最大19インチのタイヤ&ホイールなどが、スポーティさを強調する。

リアは、バンパーに組み込まれたディフューザーや、クロームトリムストリップ、リフレクターが特徴。大型ルーフスポイラーは、エアロダイナミクス性能を高める。Cd値は0.24で現行モデルの0.25から改善。車両の前部面積を小さく抑えており、メルセデスベンツによるとクラス最高のエアフロー特性を備えているという。

◆ミッドサイズ車に匹敵する室内

インテリアは、室内の幅を現行モデルよりも33mm拡大して1456mmとし、ゆとりを追求。メルセデスベンツによると、とくに前席のひじ周りの空間は、ミッドサイズ車に匹敵するという。運転席の地上高は、新型『Aクラス』よりも90mm以上高い。ヘッドルームは、現行よりも増えている。

新型Bクラスには、最新のデジタルコクピットを設定。最大で10.25インチの2つの高精細ワイドディスプレイが用意される。この2つのディスプレイを一枚のガラスカバーで融合したコックピットディスプレイとした。オプションで、ヘッドアップディスプレイも設定する。

◆音声認識アシスタント付き「MBUX」でサービス

また、新型Bクラスには、メルセデスベンツが開発した「MBUX」も採用。音声認識アシスタントを採用、「ヘイ、メルセデス」と呼びかけるだけで、ユーザーの求めるさまざまなサービスを提供する。

新型Bクラスには、最新の先進運転支援システム(ADAS)を導入。メルセデスベンツの最上級サルーン、『Sクラス』用の技術を搭載。歴代Bクラスで初めて、特定の状況下において、部分的な自動運転を可能にする。改良されたカメラシステムとレーダーシステムを使用して、地図やナビゲーションデータを活用しながら、最大500m先の交通量を予測。「アクティブディスタンスアシスト」の「DISTRONIC」が、ドライバーを支援。「アクティブ緊急停止アシスト」や「アクティブレーンアシスト」も採用している。

新型のパワートレインには、1.33リットルの直列4気筒ガソリンターボエンジンを設定。最大出力は136hpと163hpの2種類のチューニングが存在する。トランスミッションは、7速デュアルクラッチの「7G-DCT」を組み合わせている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します