現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > ルノー『アルカナ』発表、SUVクーペ市場に参入…モスクワモーターショー2018

ここから本文です
モーターショー 2018.8.30

ルノー『アルカナ』発表、SUVクーペ市場に参入…モスクワモーターショー2018

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ルノーは8月29日、ロシアで開幕したモスクワモーターショー2018において、ルノー『アルカナ』(Renault Arkana)を初公開した。

車名のアルカナとは、秘密を意味する「ARCANUM」に由来。アルカナは、Cセグメントに属する新型クロスオーバー車となる。

    アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった

また、アルカナは、ルノー初のSUVクーペでもある。SUVクーペは、メルセデスベンツ、BMW、アウディなど、プレミアムメーカーが主流。ルノーはこれらのプレミアムメーカーよりも車両価格を抑えながら、SUVクーペ市場に参入する。

アルカナには、高い最低地上高、ワイドなホイールアーチ、大型の19インチホイールを採用。高いウエストラインと緩やかに傾斜したルーフラインを備える。SUVクーペのデザインは、ボディサイドのクロームやパノラマガラスルーフによって強調されている。

なお、アルカナは、モスクワモーターショー2018ではショーカーとして初公開。その後、ルノーは市販モデルを、2019年のロシアを皮切りに、世界市場へ投入する、としている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します