現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > 【ネオ・クラシックカー・グッドデザイン太鼓判】in オートモビル カウンシル2018(スバル・日産編)

ここから本文です
モーターショー 2018.8.7

【ネオ・クラシックカー・グッドデザイン太鼓判】in オートモビル カウンシル2018(スバル・日産編)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

80~90年代の日本車からグッドデザインを振り返るシリーズの番外編。8月3日より5日まで幕張メッセで開催された「オートモビル カウンシル2018」から国産車ブースを取り上げます。最終回の3回目はスバルと日産ブースです。

新型フォレスターの発表から間もないスバルは「SUBARU SUVの進化と系譜」をテーマとし、初代レオーネ登場の経緯をメインに企画しました。この中で、ネオ・クラシック太鼓判としては2台を取り上げます。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

1993年発表の2代目レガシィは、メルセデス・ベンツで活躍したオリビエ・ブーレイ氏が参加。薄型のランプと台形グリルというシンプルな構成ながら繊細な個性を表現。たった1本のキャラクターラインが面質を上げるサイドボディもまた繊細で、若干荒削りだった初代をエレガントに変身させました。

ワゴンは初代のプロポーションを踏襲しましたが、やはり横長のリアランプを持つセダンは独自のまとまりを獲得。また、後に追加された写真のグランドワゴンでは大型のバンパーやサイドモールが与えられましたが、ベースのエレガントさを失わなかったのが見識でした。

1997年登場の初代フォレスターは、乗用車とSUVのそれぞれの機能を高次元で融合させるコンセプトです。大型のフロントランプとグリルを持った厚みのあるボディはSUV的ですが、ここに載るキャビンはレガシィを想起させるワゴン的な造形で独特のスタイルを獲得。

シンプルな面のサイドボディにはブリスターフェンダーが与えられ、SUVの力感もしっかり表現。また、先のレガシィグランドワゴン同様、シルバーとのツートンカラー仕様では上級イメージを与えました。

日産ブースのテーマ「60 years of performance」は、同社のモータースポーツ参加60周年によるもの。ダットサン1000やスカイラインGT-Rが話題でしたが、ネオ・クラシック太鼓判としては1987年のMID4(||型)に注目です。

ミドシップレイアウトの2シータースポーツとして、あくまでも量産を前提として開発されたMID4。そのため、一見レースカー的ですが、キャビンのルーフ形状はよく見るとかなり乗用車的です。また、フロントフェンダーからリアに延びるボディラインは大胆ながら明快な造形。

低くレーシーなフロントもコーナーランプの処理は実用的ですし、リアパネルの横長のランプとガーニッシュもしっかり作り込まれています。プリメーラなどを手掛けた前澤義雄氏が参加したというスタイルは、あくまでもシンプルにまとまっているのが特徴です。

3年目を迎えたオートモビル・カウンシルは、旧いクルマを振り返る機会として定着してきたようです。60~70年代に比べ、いまだ実用に耐える80~90年代のネオ・クラシックですが、そろそろじっくりと振り返るべき対象になりつつあるようです。

(すぎもと たかよし)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(clicccar すぎもと たかよし)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • fxh*****|2018/08/07 20:41

    違反報告

    初代のドミンゴ(リベロ)は出展されていたのかしら。毎年毎年「間違いだらけの車選び」で酷評されていたけど、あれって実は海外各国でヒットしていて、日本の軽自動車の良さを世界に広めた車のひとつになっています。確かナスカの地上絵を長年研究している女性に、功労賞として使い込まれたVWビートルの代わりに贈られたのもリベロだったはず。まさかのリアエンジンつながり!

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します