現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > クルマ愛あふれて、日産車も展示するトヨタ…オートモビルカウンシル2018

ここから本文です
モーターショー 2018.8.3

クルマ愛あふれて、日産車も展示するトヨタ…オートモビルカウンシル2018

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタは、「元気!! ニッポン 1960s!」をテーマに1960年代に誕生したクルマを中心に展示。そのなかでも、オープンまでシークレットだったニッサン『セドリックスペシャル』に注目が集まった。スタッフは、「ウチが日産車を展示してます」とドヤ顔。

このニッサンセドリックスペシャルは、東京1964オリンピック聖火搬送車。日産ヘリテージコレクションが所蔵する1台を、トヨタが展示するという格好。トヨタの説明ボードには、こう記している。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

「1963年に発売され、2825cm3のエンジンは115馬力を発生し、高級乗用車にふさわしい動力性能を誇った。2835mmのホイールベースを活かし、広い室内空間を確保していた。この展示車は東京1964オリンピックで、聖火搬送の大役を努めたクルマである」

また、トヨタ『スポーツ800』を想わせる『パブリカスポーツ』(レプリカ)は、1962年の全日本自動車ショーに出展された「幻のライトウェイトスポーツカー」。航空機の技術を自動車に応用することを目的とした研究実験用として開発されたモデルだけあって、ドアや窓枠にエアクラフトの雰囲気が残る。

会場には、事前のアナウンスどおり、国際新記録を樹立したトヨタ『2000GTスピードトライアル』や、トヨタ初の本格的プロトタイプレーシングカーで、1969年7月の全日本富士1000kmレースでデビューウィンしたトヨタ『7』、トヨペット『コロナ』なども展示されている。

さらに、トヨタブースとは離れたネッツトヨタ富山のブースも人だかりが。トヨタオート店時代に販売されていた『チェイサーSGツーリング』を、インパクトのあるレーシーに仕立てたタイプ。「ネッツトヨタ富山創業50周年を記念して、GR-Garage富山新庄でフルレストアしたクルマ」という。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 大野雅人)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します