現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > 土屋圭市さん登場にタイのホンダユーザー大歓喜!OPTIONキャラバンTHAILAND2018 with Moduloは今年も大盛況

ここから本文です
モーターショー 2018.7.4

土屋圭市さん登場にタイのホンダユーザー大歓喜!OPTIONキャラバンTHAILAND2018 with Moduloは今年も大盛況

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サバイバルレースとなったSUPER GT第4戦の翌日、7月2日にバンコク郊外のミニサーキットで開催されたOPTIONキャラバンin THAILAND 2018 with Modulo。

タイでもWEB展開されているチューニングとカスタマイズの自動車誌OPTIONとModuloがコラボしてSUPER GTタイ戦の直後に開催されているOPTIONキャラバンin THAILAND。タイのホンダユーザーにも走りの楽しみを広めていこうというこのイベント、今回はゲストが豪華すぎると参加者から大評判。

    【SUPER GT2018】今期大注目のNSX GT3。タイで孤軍奮闘の「Modulo KENWOOD NSX GT3」の活躍やいかに!?

Modulo KENWOOD NSX GT3の道上龍選手と大津弘樹選手、そしてModuloのエグゼクティブアドバイザーを務めるドリキンこと土屋圭市さんがゲストとして参加したのですから、豪華と言われるのは当然です。

そしてModulo KENWOOD NSX GT3のレースクイーンであるModulo Prettyの生田ちむさん、はるまさん、Modulo Smileから安藤麻貴さんも参加。日本国内でもこれだけ豪華なゲストが訪れるイベントは滅多にありません。

イベントはトークショーからスタート。質問コーナーでは道上選手などにModulo KENWOOD NSX GT3のタイ戦での順位の感想を聞かれると、横からすかさず土屋さんが「今年の参加者は厳しいこと聞くなぁ」とツッコミ。通訳がそれを訳した瞬間に場内から笑い声が漏れるという場面も。

トークショーの後には道上選手によるコース攻略の講義もあり、参加者の皆さんは真剣に聞き入っています。

タイはオートサロンも開催され、またOPTION誌もWEB展開するほどチューニングが盛んで、ホンダ車のユーザーにもModuloのエアロやホイールは浸透しているようです。そんなユーザーが集結した今回のイベント、やはり走りがメインとなります。そのコンテンツのひとつが豪華ゲストが先導してコースを実際に走るトレイン走行。日本の走行会などではカルガモ走行と呼ばれているものです。

用意された先導車はどれもModuloのデモカーで赤いシビックRSには土屋さん、白いシビックハイブリッドには道上選手、日本ではグレースにあたるクラスの現地車名CITYには大津選手が乗り込み先導をします。

参加者のレベルに合わせてクラス分けを行っての走行となりますが、皆さんかなりのハイペース。先導者が徐々にペースを上げて行ってもしっかりとついていきます。

そんな先導走行が終わると、やはりゲストの走りを実際に体感したいということで先導車に参加者が乗り込み同乗走行が始まります。同乗走行ともなると先導走行のときよりもゲストの皆さんはもっと速いペースでドライブ。

同乗走行は先導車だったデモカーだけに限らず、抽選で当たった参加者には土屋さんがドライブするS2000でドリフト体験も!

土屋さんのドリフトには参加したレースクイーンも熱狂!キングの走りを生で見ることができたということで大興奮!

またこのイベントでは最大の目玉となるNSXのModuloデモカーでの同乗走行も行われました。こちらも参加者は抽選となりますが、抽選に漏れた方も炎天下のコースサイドで道上選手や大津選手の走りに大熱狂!

このNSXによる同乗走行にメディアを代表して我がclicccarの編集長・小林とレースクイーンから生田ちむさんが参加。

生田ちむさんは「最初は怖かったけどストレートから1コーナーに曲がる時のGを感じられて嬉しかったです!楽しかった」との感想。

clicccar編集長、小林の同乗体験記は後日動画にてお知らせいたします。

そんな楽しかったイベントも終盤へ。走行が終わった参加者にはレースクイーンやゲスト選手のサイン会というご褒美も。

最後の挨拶で土屋さんは「数年前に比べてタイの方々のドライビングスキルの向上がはっきりとわかるイベントだったことがすごく嬉しい」と語り、タイのチューニング文化、そしてタイやアジア、そしてグローバルなホンダユーザーに広がるModuloブランドの浸透に喜びを感じているようでした。

イベント終了後、NSXのModuloデモカーはタイオートサロンの会場へと運ばれていきました。タイオートサロンは7月4日から開幕となります。

(写真・文:松永和浩)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(clicccar 松永 和浩)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します