現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > バイクレースからF1まで大活躍した伝説のレーサー・国さんはまだまだ現役!【クルマ塾2018・日産編 その3】

ここから本文です
モーターショー 2018.7.2

バイクレースからF1まで大活躍した伝説のレーサー・国さんはまだまだ現役!【クルマ塾2018・日産編 その3】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クルマ塾のコンセプトはサブタイトルにあるとおり「レジェンドに学ぶモノつくりの真髄」です。

日産編として三人目に登場いただいたのは、日本のレース界を牽引してきたといっても過言ではない、レジェンド中のレジェンド・?橋国光さんです。1940年生まれの御年78歳でありながら、いまだ現場に立っていらっしゃいます。その経歴は華々しく、1961年・わずか21歳のときには二輪の西ドイツGPを制して、現場に君が代が流れました。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

西ドイツGP以外でもアルスターGP、スペインGPでも優勝、ベストラップを出しているレースもあり、けっして運だけではないことをうかがわせます。サーキットによって?橋国光さんの名前が刻まれているコーナーも存在するそうです。

当時は、モータースポーツでの活躍がそのまま販売量に直結していた時代。ホンダの契約だった?橋国光だった、125ccクラスと250ccクラスをかけもちし、ダートやターマックなど走るステージも選ばない快走ぶりでした。クラッシュしたことも多数で、なんと10ヵ月も意識が戻らないこともあったそうです。

2輪から4輪への転向は25歳のときでした。スピンした前車を避けるためコースアウトした?橋国光さん。エンジンを掛けるのに手間のかかるR380に手こずったのはほろ苦い思い出は有名なエピソードです。

それでも走りのリズムの作りやすいR380は大好きなマシンだったそうです。

それからハコスカ15号車での破竹の50連勝につながります。豪快にドリフトする姿を見たドリキン土屋圭市さんが感動したエピソードや、タイヤにも恵まれ全車を周回遅れの快走の伝説は現在でも語り継がれています。

F1にもスポット参戦したこともあります。ティレルの6輪が話題を集めていた時代です。このときは1年遅れのマシンを譲り受けて日本人最高位の9位に入賞いました。

まさに生き字引というくらいエピソードに事欠かない?橋国光さん。「レースというのは暴走ではない。勝ためには経験やいろいろな要素が必要です。そして今の私があるのは昔の頑張りと、皆様の助けです」と語る?橋国光さんの言葉には重みがあります。

【動画はこちら】

クルマ塾 講演3「ボクのレース人生」?橋 国光氏

(Kaizee)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(clicccar kaizee)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します