現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > 【DR30カスタム】あえてNA選択、からのキャブ化。FJ20を8500rpmまで回す仕様

ここから本文です
モーターショー 2018.7.1

【DR30カスタム】あえてNA選択、からのキャブ化。FJ20を8500rpmまで回す仕様

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1981年に販売が開始されたR30系のみを対象としたイベント『6thスカイライン・ミーティング』(通称ロクミー)が、浜名湖ガーデンパークで開催されました。

今年で奇しくも「6」回目となるこのイベントは、年々その参加台数が増加。今回は約70台の参加となっています。

    打倒ゴルフ&ポルシェを掲げ、徹夜でモーレツに進めた901活動【クルマ塾2018・日産編 その2】

今回、そんな参加者の中から、がっつり落とした車高が目立っていたガンメタツートンカラーの1985年式の鉄仮面(後期DR30<FJ20Eエンジン搭載車の型式>の愛称)・NAエンジン搭載車を取材しました。

オーナーは”RSアオイ”さん。DR30ことスカイラインRSの中でもターボではなくNAを選択したのは「キャブ化して”旧車らしい”チューニングを楽しみたかったから」とのこと。

実際、現車はOERキャブに換装済み。また亀有エンジンワークスのピストンを用いて2.1L化も完了。

マフラーにはあえてフジツボのDR30ターボ用を選択しています。これは「NA用では(チューニングされたこの車両では)詰まったようなフィールになってしまうから」だといいます。

2.1L化されてパワーもトルクも向上したFJ20ではこの大径マフラーでも抜けすぎてしまうことはありません。低速から力強く、高回転では圧倒的な吹け上がりを実現していることは同乗走行で確認できました。

またこのRSアオイさんのDR30で気づいたのはそのボディ剛性の高さ。相当に念入りな補強が施されているのかと思って聞けば、なんとボディ補強は一切行っていないそう。

「私の乗っているセダンはピラーがある分、2ドアハードトップよりも剛性面では有利なんですよ」と、DR30まめ知識も教えてもらっちゃいました。

エクステリアは唯一無二の格好良さで、エンジンはしっかり仕上がっている状態。さらに”しっかり感”あふれるボディを持つRSアオイさんのDR30。

車両を維持していくには消耗品パーツの確保が難しいなどの問題を抱えているそうですが、「一生乗っていくつもりでスペアのエンジンも持っています」とのこと。

ロクミーイベントに参加したオーナーのほとんどが、このように長く付き合っていこうとする姿勢の方でした。こんなにオーナーに愛されて、R30系スカイラインというクルマは幸せ者だなあと感じましたよ。

(写真・動画・文/ウナ丼)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(clicccar ウナ丼)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します