現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > 日本でも復権を狙う12代カローラ堂々デビュー! 日本では初夏に登場予定

ここから本文です
モーターショー 2018.3.29
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「若い人にも乗ってほしい」の願いを込めてハッチからのお披露目

 カローラは1966年に初代モデルが登場、以降、50年以上にわたり進化を続け、累計4500万台以上を販売したトヨタの「顔」と言ってもいいモデルである。しかし、ベストセラーカーは保守的になりがちなのと、世代を重ねるごとにユーザーの高齢化も顕著になっていったそうだ。

    オーナーは要対策! クルマの盗難件数上位4車種はすべてトヨタ車

「次の50年に向けてカローラを変える!!」、そんな想いを掲げて開発された新型(12代目)は、ユーザーの若返りのために全面刷新の道を選んだ。カローラ=セダンというイメージが強い中、あえてハッチバックから披露したのはそんな決意の表れでもある。(WEB CARTOP)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン