現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > WCOTYグリーンカー、第1次5台…日本車は日産 リーフ のみ

ここから本文です
モーターショー 2017.9.13
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は9月12日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー2017において、「ワールドグリーンカー2018」の第1次選考5台を発表した。

ワールドグリーンカーは、ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)の部門賞のひとつ。今回は2016年秋から2017年秋にかけてデビューした新型車の中から、最も環境性能に優れた1台を決定する。(レスポンス)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • hyj*****|2017/09/14 02:12

    違反報告

    たいした新技術でもないシボレーのディーゼルがこの中に入る意味がわからない
  • tra*****|2017/09/14 08:38

    違反報告


    「日本車は日産リーフのみ」との見出し、あたかも日本車がクリーン技術でビハインドになってるかのような煽りだが、、、、

    何のことはない、選定は全5車種のみ、しかもアメ車2、ドイツ車1、韓国車1で全くピンとこないモデルばかりじゃん。

    そもそも、「2016年秋から17年秋に発売された新型車」っていう選考対象にどんなモデルが含まれてるのか紹介されてないし、「今回はノミネートされてない!」っていうホンダやトヨタには元々選考対象になるモデルが存在しないだけのような気も。
  • mud*****|2017/09/14 06:40

    違反報告

    きっと、欧米人の都合で作られた賞だからではないでしょうか。ルノー日産は一応、欧米メーカー、、、茶番劇ですな、、、
    電気自動車は今は台数が少ないからエコかもしれませんが、大量生産に切り替わったとき、レアメタルの確保はどうする?また、中国のの山を切り開くの?それに、電力インフラへの負荷も計り知れないよ?台数が増えたとたん、エコがエゴに変わりますわ、、、

    二酸化炭素を再利用できる再生CNGや、電力を物質の形で貯蔵できる水素の方が遥かにエコなんじゃないですかね?