現在位置:carview! > ニュース > モーターショー > 【キャンピングカーショー2017】野営で、通勤で、リゾートで…原付きオフロード車

ここから本文です
モーターショー 2017.2.5
  • みんカラ つぶやく

ジャパンキャンピングカーショー2017で、アウトドア好き・乗り物好き・メカ好きが釘付けになった“キャンピングカー以外”の出展のひとつが、『ネクストクルーザー』だ。普通自動車免許で乗れるオフロードカーで、ミニカー登録の原動機付自転車という扱いだ。

ネクストクルーザーは、空冷・単気筒49ccのエンジンをフロントに載せ、前進3段・後進1段のセミオート変速機でつなぎ、チェーンを介して後輪を駆動させるオフロード車。乗車定員は1人で、「公道走行可」「車検・車庫証明・重量税・取得税 一切不要」「最高速度50km/h」「ヘルメット・シートベルト 不要」「新車乗り出し価格 39万8000円」といったコピーがおどる。(レスポンス)

ジュネーブショー特集 注目の世界初公開車が集合

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く