現在位置:carview! > ニュース > モーターショー > より上質になった内・外装と磨き上げた走りが自慢 ─ スバル・レガシィ2018年モデル

ここから本文です
モーターショー 2017.2.4
  • みんカラ つぶやく

2018年型のスバル・レガシィ(日本名レガシィB4)が2月9日のプレスデーから開幕する「シカゴオートショー2017」で披露されます。

まず外観では、新デザインのヘッドランプとフロントグリル、メリハリのあるフロントバンパーにより顔つきを刷新。とくに、水平基調を強調した精悍なフロントマスクに注目です。(クリッカー)

ジュネーブショー特集 注目の世界初公開車が集合

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • ute*****|2017/02/07 00:14

    違反報告

    こんな内外装では話にならない。デザイナーだって自覚してるはず。韓国に真似された上に抜かれる(2秒で)スバルは長年、デザインより技術と考えているようだが、役員の方、これどうですか?自分だけはこっそりパナメーラとかマイバッハとか乗ってんじゃねえの?