現在位置:carview! > ニュース > モーターショー > カムシャフト不要の新エンジンを開発

ここから本文です
モーターショー 2016.4.27
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケーニセグの姉妹会社のフリーバルブ(FreeValve AB)は、北京モーターショーで中国のクオロスオート(Qoros Auto)と共同で「ニューマチック ハイドロ エレクトリック アクチュエーター(PHEA)」 の開発を進めていくと発表した。PHEAはクオロスオートのモデルに搭載される予定。

北京モーターショーではPHEAを搭載したコンセプトカーを披露した。PHEAは、従来のカムシャフトに代わってエンジンの吸気バルブおよび排気バルブを制御する技術。(carview!)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • yam*****|2016/04/27 14:58

    違反報告

    ロータリーも2stも噛むシャフトは蟻ません。
  • aki*****|2016/04/27 19:38

    違反報告

    中国が絡んでるなら安心して乗れない。
    信頼性がないから。
  • xts*****|2016/04/27 12:51

    違反報告

    従来のカムシャフトによるバルブ駆動は一定パターンでしかバルブを駆動できない

    一定パターンの定義は?
    バルタイなりリフト量変化など、吸排気ともにある程度は自由に制御できていると思っているが、違うことを指しているのか?
    完全に自由自在調整のことなら、カムでできてないと思う。