現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 豊田合成、北米の内外装部品生産能力を強化

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.22
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

豊田合成は11月20日、北米におけるラジエータグリルなどの内外装部品の販売拡大に対応するため、米国における生産子会社3社の生産能力を強化すると発表した。

生産能力を強化するのは、豊田合成テキサスとTGミズーリ、TGケンタッキーの3拠点。2021年度末までに計6030万米ドル(約65億円)を投じて工場建屋を拡張し、成型機や塗装設備などを増設する。今回の投資により、同社グループの北米の内外装部品の売上高を2025年度までに2018年度の約1.3倍となる約870億円に拡大していく計画だ。(レスポンス)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン