現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 東レ:世界初の連続する空隙構造を持った多孔質炭素繊維を創出~サステナブル社会に不可欠な高性能ガス分離膜の性能向上に貢献~

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.19
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東レは、このたび、世界初となるナノサイズの連続する空隙構造を持った多孔質炭素繊維を創出した。

 今回開発した素材をガス分離膜の構造を支える支持層に用いることで、温室効果ガス(CO2)の分離や水素製造に用いられる高性能分離膜の軽量化やコンパクト化が図られるとともに、分離性能を向上させることが出来る。東レは本素材の更なる研究・技術開発を進め、カーボンリサイクルの促進や水素社会、省エネ社会の実現に向けて、外部との連携も視野に用途開発を進めていく。(MotorFan)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン