現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アメリカ市場を開拓し「大型車=カワサキ」のブランドを確立した立役者が「殿堂入り」

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.20
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカ市場の声を受けて「マッハ」を送り出す

自動車社会構築の功労者と業績を顕彰し、未来へ伝承していく「自動車殿堂」2019年の殿堂者として、マッハシリーズやZ1、KZ1300といった大型二輪車の開発によりカワサキブランドを確立した川崎重工 元常務取締役・大槻幸雄さん(御年89歳)が選出された。
11月15日(金)に行われた「殿堂入り」の表彰式で、大槻幸雄さんは「何とかして二輪車で世界を相手に商売をしよう」と格闘した当時を振り返り、次のように語った。(モーサイ)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン