現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ついに日産ジューク 年内生産終了決定!!】後継SUV 来年に日本上陸!!!

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.19

【ついに日産ジューク 年内生産終了決定!!】後継SUV 来年に日本上陸!!!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新型の投入はなし! 日産 ジュークが年内で生産中止決定。

 日産のSUV「ジューク」の国内向けモデルが、2019年内に生産中止となる。販売店・日産関係者への取材により、11月15日までに判明した。また、大型セダンの「ティアナ」も同様に年内で生産終了する。

    【祝】ホンダF1 ベルガー&セナ以来、21年ぶりの 1-2フィニッシュ達成!!

 ジュークは2010年に国内で発売された小型SUV。発売から9年以上が経過し、欧州では9月に新型が発表。新型の国内導入は不透明だったが、モデルチェンジを迎えることなく、日本での歴史に幕を閉じることとなった。

 ただ、日産関係者によると「(国内のラインナップから)ジュークと同クラスのSUVがなくなることはない」とのことで、別の小型SUVが導入される見込み。

 ジュークの生産中止と合わせて、新たに導入予定の小型SUVに関する現場の最新情報をお届けしたい。

文:遠藤徹
写真:NISSAN、編集部

【画像ギャラリー】ジュークに替わり日本導入!! 新型キックスとは??

現行ジュークはすでに在庫僅か! 後継にキックスを日本導入へ

2010年発売のジューク。翌2011年には年間3万4224台を売り上げるなどSUVブーム前夜に支持を広げたが、現在では月販300台程度にとどまり販売苦戦が続いていた

 首都圏の販売店筋によると、日産はこのほどコンパクトクロスオーバーSUVの「ジューク」を今年いっぱいで生産中止すると傘下販売店に伝えた模様である。

 日産の公式サイトにはまだ何の告知もされていないが、多くの販売店には年内生産終了の通達が入っており、顧客へ順次セールスされている。

 11月中旬現在ではカスタマーズバージョンの「NISMO」以外は、グレード、ボディカラー、オプションパーツの在庫が次第に絞られる状況にある。

 (販売終了ではなく)年内生産終了というのは、在庫があれば年明けも販売するという意味ではあるが、見込み販売数を生産するだけなので、すでに在庫切れとなっている販売会社もあり、欲しい人はすぐにディーラーへ連絡したほうがよい状況だ。

 後継モデルにあたる「新型キックス」(編注:現在は海外専売車)は、2020年6月頃にもデビューする見込みである。新しいネーミングを与えるのは大幅なコンセプト変更を意味する。

これまで海外専売車だった日産 キックス。海外仕様のサイズは全長4295×全幅1760×全高1590mmとなっている

 現行ジュークは、個性的で尖ったデザインを採用したことで、発売した当初はひときわ目立つボディシェルが話題になり、好調な売れ行きだった。

 ところが短期間で飽きられ、後発のホンダ ヴェゼルやトヨタ C-HRに大きく水をあけられ、最近は月販500台以下に低迷している。

 新型キックスはその反省のもとに、シンプル&オーソドックスで飽きの来ないクロスオーバーボディシェルを採用する。

 正式な日本バージョンのスペックはまだ明らかになっていないが、ボディサイズは全長4350mm、全幅1790mm、全高1610mm程度が予想される。

 現行ジュークよりも若干サイズアップし、同クラスの人気モデルであるトヨタ C-HRやホンダ ヴェゼルに近いサイズを採用する見込み。

 ちなみに現行ジュークは全長4135x全幅1765x全高1565mmと小ぶりだが、C-HRは同4385x1795x1550mm、ヴェゼルは同4340x1790x1605mmだから、どちらかというとヴェゼルに近い寸法になる可能性がある。

キックスはe-POWER搭載! 小型SUVとして販売側も期待

海外仕様キックスのリアビュー。ブラジル、北中米、インド等で販売されているが、e-POWERは初導入となる見込み

 パワーユニットは、1.5Lガソリンエンジン、1.6Lガソリンターボエンジン、そして目玉となる1.2Lのe-POWERを搭載する。

 このe-POWERは、ノート、セレナに積んでいるユニットを大幅に改良、発電用の1.2Lエンジンは専用に開発、静粛性を向上、EVユニットも性能アップさせ、現行の極端に効くエンジンブレーキもリーズナブルな制御を行うべく改良している。

 1.5LはFFのみで他のパワーユニットはいずれも4WDとの組み合わせで設定。駆動方式は改良型CVTを採用する。これによって月販5000台以上を売り、同分野ではトップシェア確保を目指し、増販攻勢をかける構えである。

【証言:首都圏日産店営業担当者】

 現行ジュークは、すでにオーダーストップとなり、11月中旬現在では在庫一掃セール状態にある。

 「NISMO」バージョンはまだ若干在庫があるが、他の標準グレードはボディカラーによって限りが生じている。オプションパーツもメーカーの工場での取り付け、ディーラー部品ともすべてが揃っているわけではない。

 後継モデルについてのアナウンスはメーカーからまだ届いていないが、海外では新型ジュークや「キックス」というコンパクトカーは公表されている。

 新型ジュークは、現行ジュークよりもひと回り大きく、キックスは小さいコンパクトサイズだから、日本で売られるとしたら、こちらの方と予想している。

 e-POWERを搭載して発売すれば、必ず売れると期待している。

【画像ギャラリー】ジュークに替わり日本導入!! 新型キックスとは??

ティアナも年内いっぱいで生産中止

通算3代目となる現行型ティアナ。セフィーロの後継車として2003年に誕生し、モダンなインテリアなどで話題を集めたが、日本での歴史に幕

 日産のFF最上級セダンである「ティアナ」は、2019年いっぱいで生産中止する。

 11月中旬現在ではグレード、ボディカラー、オプションパーツの生産枠が次第に絞られ、オーダーストップになっているものも増えている。

 「XE」、「XL」、「XV」の3グレードあるなかで、最上級の「XVナビパッケージ」についてはすでに終了。11月中にはすべてのグレードが生産終了する見通しである。

 後継モデルの開発プロジェクトは動いていない。

 今後はスカイラインやフーガなどFR車がカバーすることになる。最近のティアナの月販台数は登録ベースで140~190台にとどまっている。海外向けも低迷しており、生産維持が難しくなっていた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(ベストカーWeb ベストカーWeb編集部タカセ)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します