現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「昼と夜で表情を変える美しすぎるS13シルビア!」ショーカーではなくドリ車という衝撃

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.17
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

稲妻カラーと幻想的なライティングパーツで魅せる!

絶対にクラシュできないドリフト仕様!?

    「現行型シビックのFRドリフト仕様、現る」心臓部はK24改940馬力仕様!【SEMA SHOW2019】

『スーパーサンダーゴールド』と名付けられたオリジナルカラーをまとい、さらに内外装の各部にライティングカスタムが施されたド派手なS13シルビア。手がけたのはジーコーポレーション。元々はタイムアタック用として開発したため、最軽量時はなんと車重がたったの950kgしかなかったという驚異のライトウェイトマシンだ。

現在はドリフト仕様となっており、過度な軽量化はエンジョイドリフトには向かないという理由から燃料タンクをノーマルに戻すなどのリバウンド作業を敢行。(web option)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン