現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 目移り必須の「堪能したいクルマ」たち!『さいたまイタフラミーティング2019』でBravo!な休日を

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.17
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

彩の国埼玉に、「これでもか!」というほどにラテンなクルマが集う“特別”な1日。

文化の日でもあった去る2019年11月3日(日)、埼玉スタジアム2002の駐車場にて、『さいたまイタフラミーティング2019』がおこなわれました。

    潜入!『第46回東京モーターショー2019』~プレスデー膝栗毛~

イタリア車とフランス車…どちらも“ラテン車”とひとくくりにされがちですが、国が違えばその文化は似て非なるモノ。

ドイツ車の質実剛健さとはまた異なった、独特の魅せ方や性能が持ち味で、いわばちょっと個性派に分類されるであろう、イタリアとフランスのモノ創り。(カレントライフ)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • ama*****|2019/11/17 07:48

    違反報告

    も少しイタフラの理解が深いライターに任せるべきかな
    この人の趣味なんだろうけど、いささか浅い。
    写真はスポーティーなイタ車ばかりだし
    フランス車の良さってのは、普段遣いの素に近いモデルで
    シビックとニュル競ったり、ラリー仕様など、ではない
    フランス車好きが好む多くのアイテムが、このライターには目に入らなかったんだろうな
  • wiy*****|2019/11/17 11:00

    違反報告

    文句あるなら見に行けば良いのだ♪

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン