現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 8シリーズの本命はシリーズ唯一のFR+3ℓ直6ターボのグランクーペ?

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.16
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クーペの導入に始まって、コンバーチブル、そして最強のM8と、予定どおりバリエーションを増やしてきた8シリーズ。けれども、“本命”は別にあった。グランクーペだ。

8シリーズの流麗なフォルムとダイナミックな性能を妥協することなく引き継いだうえで、プラクティカルな4ドア4シーター(短時間ならもう+1も可能)としたモデルである。

    「GTIとかGLiじゃなくて大衆車っていうのがいい。」──Vol.4 Boseさん (スチャダラパー)

パフォーマンス重視のラグジュアリィな高級4ドアクーペは、ピュアな2ドア(それゆえ格好だけで言えばやっぱりコッチの方がいいと思うのだけれど)よりも今や売れセンとなっていて、ライバルたちも多い。(GQ JAPAN)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン