現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > SUV風な三菱 新型「エクスパンダークロス」登場! 元祖SUV風ミニバン「デリカD:5」との違いとは

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.15

SUV風な三菱 新型「エクスパンダークロス」登場! 元祖SUV風ミニバン「デリカD:5」との違いとは

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■日本にも欲しい! SUV風ミニバン新型「エクスパンダークロス」とは?

 三菱は、2019年11月12日にインドネシアで新型「エクスパンダークロス」を発表しました。このモデルは、アジア圏で人気のコンパクトミニバンの「エクスパンダー」にSUVテイストを盛り込んだモデルです。

    ミニバンは嫌、でも7人乗り欲しい… 200万円台から選べる話題の「3列シートSUV車」5選

 日本市場には未導入ですが、同社のミニバンとSUVテイストを組み合わせた「デリカD:5」とはどのような違いがあるのでしょうか。

 エクスパンダーは、アジア圏で絶大な人気を誇るモデルで2017年に販売されました。2018年度には、約10万4000台を売り上げ、三菱で4番目となる販売実績を誇るモデルです。

 今回、発表された新型エクスパンダークロスは、シリーズの最上位モデルに位置づけられる、SUVらしさを高めたモデルとなっています。

 ボディサイズは、全長4500mm×全幅1800mm×全高1750mm、最低地上高は、エクスパンダーに比べ車高を20mm高く設定し、クラストップとなる225mmを確保。3列シートの7人乗りモデルです。

 外観のデザインでは、三菱車の共通デザインコンセプトである「ダイナミックシールド」の最新版を採用。SUVらしい堅牢さを際立たせるため、バンパー下部には専用スキッドプレートを装着。

 リアウインドウの下にはグロスブラックのテールゲートフィニッシャーを配置し、バンパー下部にはフロントデザインと同調する大型スキッドプレートを組み合わせ、SUVらしいタフなイメージとしています。

 ボディ側面にはブラックのホイールアーチモールディングを追加し、全幅は50mm広くなりました。この前後モールディングを繋ぐようなデザインで、ブラックのドアガーニッシュも取り入れられています。

 パワートレインは、エクスパンダーと同様の1.5リッターガソリンエンジン(最高出力105馬力)を搭載。組み合わされるトランスミッションは4速ATと5速MTの2種類です。

 その一方、メカニズム面での進化だけではなく、ミニバンに欠かせない使い勝手の良さも追求されており、2列目(6:4分割)および3列目(5:5分割)のシートバックは、簡単な操作で折りたためるようになっています。

 同クラスで唯一、2列目中央のシートバックを倒すとアームレストとして使用できるだけでなく、2列目両サイドに乗車スペースを確保すると同時に長尺物の積載を可能にしています。

 また、3列目を使用する7人乗りの状態でも、5ガロン(19リッター)のボトル4本かまたは、標準的なベビーカーを入れるのに十分な荷物スペースを確保しています。USB端子が各列に配置されているのも、ファミリーユースにおいて便利なポイントです。

 新型エクスパンダークロスの生産は、エクスパンダーと同様にインドネシアの乗用車生産拠点であるミツビシ・モータース・クラマ・ユダ・インドネシアでおこなわれます。また、順次アセアン地域をはじめとした各国にも輸出していく予定としています。

■元祖SUV風ミニバンの「デリカD:5」とは?

 対する現行デリカD:5は、5代目モデルとして2007年にデビューし、現時点で発売開始から約12年を迎えています。2019年2月には、従来の外観デザインや走行性能を大幅に向上させるビッグマイナーチェンジをおこない、さらなる進化を遂げました。

 デリカD:5のボディサイズは、新型エクスパンダークロスより300mm長い、全長4800mm×全幅1795mm×全高1875mmです。最低地上高はエクスパンダークロスより40mm低い185mmとっています。室内レイアウトは、3列シートの7人乗り/8人乗りが設定されています。

 2019年2月におこなわれたビッグマイナーチェンジの目玉といえる変更点は、フロントフェイスのデザインです。2006年の登場から基本デザインを維持してきましたが、今回のビッグマイナーチェンジでフェイスを大幅に変更。内装もパネル自体を新しくして、上質感を高めるようなデザインに改良されています。

 ユーザーから要望が多かった三菱の予防安全技術「e-Assist」を新規採用し、衝突被害軽減ブレーキシステムや後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)などの装備を追加することで安全性を向上。

 ボディタイプは、標準車のデリカD:5と派生車のデリカD:5 アーバンギアという2タイプを設定。パワートレインは、2.2リッターディーゼルエンジンに新開発8速ATを組み合わせた仕様のみの展開で、従来設定されていたガソリンエンジンモデルは旧型車のラインナップとして販売を継続されます。

 三菱は、ビッグマイナーチェンジを遂げたデリカD:5について、次のように話します。

「デリカD:5は、『さまざまな道路状況において、乗員や荷物を目的地まで確実に運ぶクルマ』という、歴代『デリカ』の商品コンセプトを継承し、低速から力強いトルクを発揮するクリーンディーゼルエンジンや、三菱が培ってきた4WD技術、特徴的なフォルムなどによる圧倒的な走破性能に加え、最新の予防安全技術を採用したオールラウンドミニバンです。

 新しいデリカD:5を通して、お客さまの行動範囲を拡げ、家族や仲間と楽しく過ごすレジャーシーンや時間を創出します」

※ ※ ※

 最近の日本市場では、ミニバンにSUVのテイストを盛り込んだモデルとして、トヨタ「シエンタG“GLAMPER”」やホンダ「フリード クロスター」が人気です。

 シエンタやフリードもエクスパンダークロス同様に、扱いやすいボディサイズで多人数乗車できるコンパクトミニバンとなり、日本でエクスパンダークロスが導入されれば、注目度抜群の1台になるかもしれません。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します