現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > わかっているつもりでもパニック必至! 事故や故障で路上にクルマを停めるときの正しい対処法とは

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.14
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 避難は進行方向と逆側の少しクルマから離れた場所で!

 走行中に突然クルマが故障したり、事故を起こして、やむを得ない理由で路上に停止することになった場合はどうすればいいのか。一番大事なことはさらなる追突事故などを防ぎ、安全を確保すること。

    セルフスタンド派は要注意! 絶対に避けたいクルマのタイヤバーストの原因と対策

 具体的には、まずハザードランプを点灯させ、できる限り路肩に寄せたり、後続車の通行を妨げないところまで移動する。クルマの中に乗ったままの状態だと、追突されたときに大変危険なので、同乗者とともにクルマを降りて、ガードレールの外側などに避難する。(WEB CARTOP)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • fil*****|2019/11/14 12:46

    違反報告

    事故の際真っ先に電話する人がいますね。そのまま事故車内から連絡してる人とかも。
    怪我人いなければ先に車を寄せてほしいって思う。
    通行の少ない場所ならともかく、そうでない場所では周囲が大混乱、無法地帯になって
    ますます事故が起きやすい状態になってるのに気づいてほしい。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン