現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > OKI:SUBARUと人が介在する作業支援システム実現に向けた実証実験を開始

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.13
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OKIは、映像とカメラにより生産現場での作業ミスのゼロ化を支援する「プロジェクションアッセンブリーシステム(注1)」を自動車生産現場の作業支援に応用した「Projection Complement System(PCS)」の実現に向けた実証実験を、SUBARU群馬製作所の大泉工場で11月13日より開始した。「プロジェクションアッセンブリーシステム」をSUBARUのFAシステム(注2)と連携させ、同社の製造工程において人が介在する作業を支援するシステムの実現を目指す。(MotorFan)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン