現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産車体、受注台数大幅減で減収減益 2019年4-9月期決算

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.14
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日産車体は11月12日、2019年4~9月期(第2四半期累計)の連結決算を発表。売上台数の減少などにより、営業利益は前年同期比41.1%減の19億3200万円と大幅な減益となった。

第2四半期連結累計期間の売上台数は同26.5%減の8万5641台。中近東向けの日産『パトロール』や北米向けインフィニティ『QX80』などが減少した。これに伴い、売上高も同247.3%減の2296億7900万円と減収となった。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

営業利益は同期比41.1%減の19億3200万円、経常利益は同36.9%減の22億3100万円、最終損益は同36.9%減の15億6100万円となった。(レスポンス)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン