現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 車の軽油は冬場に凍る? ディーゼル車の需要増加で避けたいトラブルとは

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.13
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■軽油の凍結に注意! 寒冷地で凍ったときの対処法は?

 ディーゼル車の燃料である軽油は、ガソリン車に用いられるレギュラーガソリンやハイオクガソリンと同様、クルマに使われる一般的な燃料です。近年は、クリーンディーゼルと呼ばれる従来より環境性能が向上したディーゼル車も発売されています。

    あなたは「満タン派」or「半分派」? メーカーの推奨も異なる給油量 最適はどのくらい? 少なすぎはトラブルも

 しかし気温が下がる冬季は、軽油の凍結に注意が必要だといいます。クルマの燃料が凍ってしまうというのは、いったいどういうことなのでしょうか。(くるまのニュース)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • koe*****|2019/11/13 08:27

    違反報告

    滋賀の車屋です。去年は2台凍結により動けなかったトラックあります。意外と身近で起こる事案ですよ
  • nec*****|2019/11/13 10:09

    違反報告

    15年以上前に、志賀高原 熊の湯にあるホテル駐車場で燃料凍結やってしまいました。朝一移動をやめ、ひと滑りして気温が上がるまで時間を潰しエンジンをかけたことを覚えています。
    麓で30Lほど寒冷地用の軽油を入れましたが氷点下15℃ではさすがに凍ってしまいました。それ以来怪しいときは燃料フィルターにお湯をかけて温めてからエンジンをかけるようになりました。
    寒冷地用の燃料を入れていても、「気を抜くとやらかしちゃうんだよ」と地元の人が言ってました。どうやら放射冷却ですごく冷え込む日があるのでしょうね。
  • ysp*****|2019/11/13 10:37

    違反報告

    「脱税だぁー」という方が必ずいるのですが、凍結防止のためには灯油を入れます
    軽油引取税に関しては、使用後申告によって支払うことも可能です

    ただ、漁業関係者など船舶用の非課税の軽油をバンバン車に入れてましたが…

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン